紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

百貨の魔法 感想

百貨の魔法読了しました。

ざっくりいうと、
村山早紀先生おなじみ、
風早の街の、戦後から続く老舗百貨店「星野百貨店」を舞台にした、
奇跡と魔法の物語です。
奇跡や魔法? と思われるかもしれませんが、
村山先生の奇跡や魔法というのはいわゆるファンタジーで描かれる
呪文を唱えてうんぬんかんぬんと云ったものではなく、
奇跡を願う人の心に呼応して、人々がとった行動が、まるで魔法のように作用する、というのが一番しっくりくる説明かもしれません。

斜陽の百貨店で、
各フロアの店員がそれぞれの思いや人生を抱えながら、
百貨店に勤めることを、それぞれの仕事を、誇りに思いながら、
お客様にとって最上のおもてなしや商品を提供できるように務めている(努めてもいる)。

それを支えるように、言い伝えの存在「ふしぎな子猫」に出会うことによって、
行動や想いがまるで奇跡や魔法のように輝きだすんです。

繰り返し、魔法はないかもしれない。と語られます。魔法を信じていない人もいます。それでも、それらを願うのは、もはや人の祈りでしかなく、その祈りが、まるで天に届いたかのように、良い方向へ作用する。その描写がとても鮮やかで、いつも泣かされます。

一幕の段階で涙腺崩壊していたのでかなりまずかったです(電車の中で号泣していた)。
読み終えた時も電車の中だったのですが、だらだら泣いていたので不審人物だったと思います。
(余談ですが、電車の中で予期せずこんなに泣いたのは、銀河の荒鷲シーフォートシリーズぐらいです。ミラは省きます。笑)

もう、物語自体が魔法のようで、出てくる人はみんなあたたかくて、素敵で、こんな百貨店があるなら、私は胸の高鳴りを隠せないまま、ドアマンに扉を開いてもらって、中に入るでしょう。
迎えて下さるのは、コンシェルジュの結子さん。その笑顔を想像すると、胸がとても温かくなります。
エレベーターにも乗りたいし、屋上の回転木馬は言わずもがな。最近靴に困っているので、地下のシューズフロアはぜひ訪れたいです。

そうそう忘れずに、魔法の子猫のステンドグラスを見上げないといけません。
そして気が付いたら、足元にその子猫が…なんて、あったら、素敵ですね。
願いが一つだけ叶うなら、何を願おうかなぁ。

そんなことを夢想させてくれる、素敵な本でした。
お勧めです。

 

百貨の魔法

百貨の魔法

 

 

ファタモルガーナの館の漫画が完結

ファタモルガーナの館の漫画が完結してしまいました!
一体どこまで話をするのだろうと思ったら、
ミシェルとジゼルの過去話まででした。
ミシェルの体の秘密や原初のモルガーナの話まで
行かなくて残念。

続きは小説orゲームで! ということでしょうか。
兼宗さんの現代バージョンミシェジゼ見てみたかったので、
本当にさびしいです。
はい。

おもえば、ふらっと本屋で見かけて表紙買いした
ファタモルガーナの漫画から、
ゲーム本編、外伝、移植版と楽しませていただき、
メディアミックスの小説も楽しく拝見していました。
私のファタモルは漫画が始まりです。
出版くださりありがとうございました!

 

 

炎の蜃気楼昭和編 舞台 紅蓮坂ブルース感想

2017年10月14日マチネ、15日マチネで、炎の蜃気楼昭和編舞台紅蓮坂ブルースを見ました。

以下まとめ。順不同

・紅蓮坂いうよりは、無頼星+悲願橋+紅蓮坂
・直江の伸ばした手は、相変わらず届かない
・高坂のマントの裏地がチラッチラッと見えて可愛い(青緑?)
・相変わらず緊張感あふれるop
・マリー投げキッス可愛い
・4人調伏(直江はー?)
・と思ったら直景調伏二回もありがとうございます
・調伏の振り付け格好良い。はまる。
・すべてを悟りながら、大人の魅力でマリーを慰める社長格好良すぎ
・マリー、歌声封印に変更
・色部勝長調伏オンステージ(毘沙門弓までありがとうございます)
・八海の衣装チェンジ(私服ありがたや)
・色部・八海コンビにときめき
景虎美奈子の共振がとてもきれい
・美奈子はやっぱり女景虎(それなら直江はかなわない)
・直江に冷たくしながら、影で敵討ちする加瀬さん(不器用な愛)
・直江が優しすぎるいうけど加瀬さんも大概直江に優しい
・一番大事な人で直江思い浮かべたよね、加瀬さん
景虎ー! 信長ー!のやり取りがたまらなく好き
・朽木が信長化していてちょっと寂しい
・神社攻撃の信長強すぎる
・くるくる回って立ち回る直江・長秀・高坂格好いい
・調伏シーン、戦闘シーンの光の演出がとてもきれい
・戦闘音とか、調伏音がとてもきれい
・調伏音、本から完全再現
・石太郎可愛がる色部・晴家可愛い
・ご飯食べてる鉄二はたく長秀かわいい
・織田軍がかっこいいじゃないか、畜生…
・信長景虎が謙信と思ったあの方ってミロクですよね…(恐ろしい…)
・すべてを知っている掴みどころない高坂
・きっとミロク降臨阻止のために暗躍してるのね高坂…
・朽木が格好いい、だとっ
・おらん~おらん~(裏工作に泣けてくる)
・すべての感情を押し殺して、気丈に振る舞う敬語直江
・なんだかんだ言って直江が大切な加瀬さん
・後ろからハグー! 
・加瀬さんに口を寄せようとして鉄ニに見られてやめる直江(羞恥心)
景虎が美奈子に預けた心というのは、直江を一番に思っているという心だとするなら、それを知りながら、受け止めた美奈子やっぱり強すぎ。かなわない
・その心と逃げろと命令する景虎の真意に直江が気づけたなら。
・ますます色気が増すとみしょー景虎さま
・いってなすべきことをなせ(ユダフラグ)
・「生きて生きて生き延びろ」ありがとうございます!
・カーテンコール時、ハイタッチする晴家、長秀、色部トリオに和む
・カーテンコール後、去っていく時に肩を組み合う色部・長秀にキュン!(14・15日両マチネでしてたからずっとしているの…? ときめき)
・14日マチネ挨拶は高坂でした。笑いをありがとうございます)あと84ステージ頑張って!
・15日マチネ挨拶は長秀でした。さらなる笑いをありがとうございます。DVDのみんなになります!
・皆さん、最後まで生き抜いてください!

以上覚書でした。
舞台の幕があいた瞬間から、涙がとめどなく溢れてどうしようかと。
前3作はすごく冷静に見ていたのに、紅蓮坂はいちいち私の心を揺さぶって、苦しいぐらいでした。
一シーン一シーンが胸に迫ってきてもうだめ。
これが昭和編の底力ですよ。苦しくてみていられないのに、一瞬たりとも目をそらしたくない。皆の行く先を、見届けたい。ただそれだけ。

昭和編の舞台を見ていると、本編がすごく愛しい。愛しくてたまらない。
昭和編は、信長VS景虎が主軸で、それを支えるように景虎、直江、美奈子の愛憎がある。
本編はまず、(昭和編で壊れた)直景の関係修復から始まり、四部で正真正銘信長との戦いだから、昭和編単体だと心をえぐる力が半端ない。
そして、本編で昇華されるからこそ、昭和編の直景の悲しい結末にむせび泣きそうになります。
あと、小説で消化しきれない部分が消化できて良かったです(ミロクのくだり)
(直江を一番想っているという景虎の心を持った)美奈子と一緒に生きて生きて生き延びろといった加瀬さんに対し、「生きて生きて生き抜いてから、息絶えろ(オレの側で)」といった、高耶さんとの鮮やかな対比などもわかってよかった。

今回、直江のキャスト交代で、初演で直江というとても難しくて複雑な男を演じるのは大変だったでしょうが、健闘していたと思います(一日たって見たら演技に深みが増していた)。誰かがツイッターで、荒牧さんは尚紀で、平牧さんは橘義明になる前の直江という方がいらしてまさにそのとおりだなと。
景虎さまは、どこまでも純化していてそら恐ろしいほどでした。極めている…。
色部さんも晴家も長秀も高坂も織田軍も愛しかったです(語彙力がな、もうないんだ…みんな素敵だったすごかったとしか言えないのだ…)。
キャスト変更という険しい道も乗り越えてくれてありがとうございました。
願わくば、炎の蜃気楼昭和編ラストまで舞台化してほしいです(ラスト知ってるから怖いけど)。
はい。

(ちなみに10月14日は高耶さんの命日だそうで、今回は色々こみ上げる思いがたくさんでしたよ❤(ӦvӦ。)
shop-ep.net

折口信夫肉声のメモ

折口信夫肉声がニコ動で聞けるらしい・・

www.nicovideo.jp

紅蓮坂の手前で

愛しのチェリーブロッサム、お元気ですか。
気が付けば、紅蓮坂ブルースの舞台観劇まで1週間を切っていました。
公式では新しい直江のお写真等公開され、
少しずつ、少しずつまた昭和を生きたあなたに会えるのだという
実感がわいてきました。

さて、紅蓮坂です。
苦しい、魂を抉る物語が待っています。
私はきっとはらはらしながら見守るのだと思います。
そして涙するかもしれません。
信長が憎くて、怨嗟の声を上げてしまうかも。

ああ、あなたと直江の悲しいまでの擦れ違いの物語を
この目に焼き付けるということは、
すごくつらくて、苦しいのですけれど。

あなたのことが、
直江のことが、
夜叉衆のことが好きだから、
最後までこの物語を見守りますね。

舞台を見たらまた感想を綴ります。
あなたに会えてよかったと、
心から喜べる舞台であったらなと思います。

trifle-stage.com

 

妖魔の封印がkindleアンリミテッドに入ってるー!

えー、好きなファンタジーBLに
(BLというか一歩手前というか、まあカテゴライズするにはBLが適当なんですけれど)
『妖魔の封印』という作品がありまして、

 

妖魔の封印 (1)

妖魔の封印 (1)

 

 
妖魔の統べる世界に住む魔術師と妖魔の王の種族を越えた壮大な愛の物語なんですが
すっごい好きで、
なおかつこれドラマCD化もされているんですけれど、
主人公を宮本充さん、主人公にほれ込む妖魔の王を田中秀幸さんが
演じていらっしゃって、
ふたりの掛け合いを聞いていると、
顔がにやけて止まらないのです。
(BLゆうてますけど、内容は壮大なファンタジーなので、読み応えむっちゃあるし、愛というものを考えさせられます。はい)

で、kindleで出てるかなーと調べたら
出てました!
しかもkindleアンリミテッド商品なので、
980円で読み放題とか天国でなかろうか…
(324円×9巻ですでに元がとれている…恐ろしいシステム)
というわけで、
kindleアンリミテッド始めようと思います。

https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/hz/signup

ついでに千之ナイフ先生にも手を出そうか…。
どきどき。

プリズンホテルドラマの前に、『プリズンホテル 夏』を読みました

懐かしのプリズンホテルがドラマ化するということで、

www.bs-j.co.jp

書店に平積みしてあった『プリズンホテル夏』
を買ってしまいました。 

プリズンホテル〈1〉夏 (集英社文庫)

プリズンホテル〈1〉夏 (集英社文庫)

 

 覚えているつもりだったけれど、
内容や登場人物をすっかり忘れてしまっていて
初めて読むみたいに新鮮に読みました。

ひなびた山奥にある「奥岬あじさいホテル」通称「プリズンホテル」には、その道の方大多数とちょっと間違って予約してしまった一般の人少しが、訪れます。
とまる客もわけありなら、もてなす側もわけあり。
オーナーは任侠、副支配人は若頭、まじめすぎてかえって事件をおこし左遷を繰り返してきた(一般人の)支配人、純朴真面目のカタコト外国人スタッフ。
これで事件が起きないはずがない。
殺人事件に、幽霊事件。思いがけない親子や恋人同士の再会、無理心中など、まーしっちゃかめっちゃかおこります。
事件が起きない章がないほど。
でもそこが楽しくて、それが好きだったなぁと再確認。

浅田氏の書く任侠は礼儀正しくて、純朴で、面白くて好きです。
この作品で、任侠作品といえば浅田次郎という、イメージを持っていたのですが、それを母に言うと、母は「ぽっぽや」のイメージが強いらしく、プリズンホテルの方が異色に見えるそうです。

何はともあれドラマ楽しみ!