読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

ぼくとぬえちゃんの百一鬼夜行(1) 感想

『ぼくとぬえちゃんの百一鬼夜行(1)/樹生ナト/KADOKAWA』を読みました。

限界集落に、祖母と二人で住んでいた少年「柳太」(柳田國男オマージュ?)は、
祖母から妖怪が生み出せる絵巻をもらう。
そして、友達として、妖怪「ぬえちゃん」を想像し、召喚する。
しかし時を同じくして、祖母が他界。祖母が生み出した百鬼夜行がぬえちゃんと絵巻を連れて、幽世に去ってしまう。
そして、柳太は親戚の家に引き取られ、そこでたくさんの友達に囲まれ、ぬえちゃんのことすら忘れて生きていた。
ある日、この世にもう一度顕現するために、妖怪たちはぬえちゃんと小豆洗いを現世に送り込み、アプリを通じて、心に闇を抱いた子供たちに新たな妖怪を生み出させ、そこに宿ろうとしていた(付喪神のように)。
そして生まれる悪い妖怪を、ぬえちゃんと柳太そして、また従姉妹のサニーが協力して、絵巻に封印していく。

みたいな話です。
パッと見、妖怪ウォッチ的だなぁと思っていましたが、
柳太が妖怪を絵巻に封印するときに、先祖の鳥山石燕を召喚したり、
柳田國男っぽいネーミングが出てきたり、
安定の笹山さんが出てきたりするのは、
大塚サーガだなと思いました。
つまるところ、何も知らない人は妖怪収集(コンプ?)物として読めますし、
大塚英志作品を知っている人には、笹山や柳田國男というキーワードでざわざわするという感じです。
(あと妖怪アバターにガチャ松というあきらかにおそ松フィーチャーがあったりというところもわかる人はおもしろくなるポイントではなかろうかと)。
柳太さんのおばあちゃんが、なんとなく水木しげるののんのんばあ的なのも、オマージュなのかなと。
漢字に振り仮名がふっているので、子どもが読んでも楽しいのではないかと。少年エースだし。

4月5月で続きが連続刊行のようですが、コミックウオーカーでweb公開されていることですし、そちらを読むというのもいいかもしれません。

 

 

 

ぼくとぬえちゃんの百一鬼夜行 (2) (角川コミックス・エース)

ぼくとぬえちゃんの百一鬼夜行 (2) (角川コミックス・エース)

 

 

 

ぼくとぬえちゃんの百一鬼夜行 (3) (角川コミックス・エース)

ぼくとぬえちゃんの百一鬼夜行 (3) (角川コミックス・エース)

 

 

シュトヘル最終話 感想

シュトヘル最終回、待ちきれずに雑誌で読みました。

 

 

ユルールをかばって、玉音同とともにシュトヘルが倒れる。
シュトヘルと玉音同を失ったことを悲観するユルールに、
大ハンが首に縄を付け、引きずっていく。
死んでしまったトルイの代わりとして。
トルイとなったユルールの手には玉音同の欠片が握られていた。

それから数年後、
トルイ(ユルール)の治世によって、西夏の文字が在野に浸透していっていた。
トルイは2年で玉座を去り、精悍な青年に成長し、前線でひたすら戦っていた。
とうとう大ハンを討ったハラバルが、
トルイの(ユルールの)前に現れる。
そして、ユルールとハラバルはしばし言葉を交わし、
シュトヘルの話題となる。
シュトヘルは死んでいなかった。誰かが(スドーが)その命を
引き留めてくれていたのだとハラバルは言う。

そして、再会するユルールとシュトヘル
そして現代でも、須藤はとうとう鈴木さんと再会する。
因果律が整った。

ある日、西夏文字の側に日本語がかかれたものが出土する。
それをニュースで須藤と鈴木さんは見る。
そこには「すずきさんあいたい」という、須藤の日本語と、
あの日、ユルールが手にしていた玉音同の欠片。
ユルールから須藤への感謝の言葉がつづられた西夏文字が刻まれていた。

それを読んで、感極まる須藤。
胸に迫る言葉は、ぜひシュトヘル完結巻でご確認下さい。

みたいなあらすじで、(長くてすいません。あと雑誌みながらかいていているわけでなく、記憶を頼りに書いているので一部曖昧なところがあって重ねてすいません)
ハッピーエンド、ありがとう! ってなってます。
はー、ハッピーエンド尊い
いろいろ覚悟していたから余計尊い
単行本書下ろしの(あるといいなぁ)あの世居酒屋と
後できれば、その後のユルールとシュトヘルの幸せなお話とか見てみたいです。
はい。

で、このタイミングで、佐藤大輔先生が死んだので、
皇国の守護者漫画再会お願いしやす…!ってなるよね。
(両性具有の副官を伊藤さんの絵で見てみたいのであった)
はい。

 

 

シュトヘル(14): ビッグ コミックス〔スペシャル〕

シュトヘル(14): ビッグ コミックス〔スペシャル〕

 

 

ゆきやさんおすすめ紅茶2017年3月

ゆきやさんは朝家で紅茶を入れて、水筒に注ぎ、
会社でまったり紅茶ライフを楽しんでいます。
最近飲んでる紅茶を紹介!
(突然)


クスミティ―ヴィオレット

pariswave.com


スミレとブラックティーの紅茶。
最近湯温85℃程度で入れるとまろやかになることを発見しました。
トゥールズの方がスミレの香りは強いかな?

ニナス

www.caravan-coffee.jp


阪急百貨店のフランスフェアで購入。
華やかな花の香り(薔薇)と、リンゴのあまやかな味がおいしいです。


さくら

www.teapond.jp


ティーポンドの春限定(?)フレーバー
匂いはいちごミルクのよう。
呑むとふわっとフルーティー。

茶器は、

 

CASUAL PRODUCT パーフェクト C&T ブリューワー ラウンド 450mL 018787

CASUAL PRODUCT パーフェクト C&T ブリューワー ラウンド 450mL 018787

 

 を使ってます。

茶葉を入れて、お湯を注いで、3分ほど蒸らして、
底からお茶を取り出すのですが、
茶葉は踊るし、均一に混ざるし
不精な私にすごく便利です。はい。

 

 

イノサンルージュ5巻 感想

イノサンルージュ5巻そういえば読みました。

前巻で、ルイ16世とシャルル逢引!?
となっていましたがその逢引内容が克明に、
耽美な絵で(もはや漫画というレベルを超越している)
描かれてました。
死神の接吻とかびっくりするやろ。

そしてはじまる、革命へのカウントダウン。
そろそろ終盤戦でしょうか。

マリーと八つ裂きされた人の息子(名前忘れた)
の決闘もなかなかよかったです。
(そしてちょいちょいはさまれる現代)
マリーは本当に格好良く、
格好いいんだけれど、目的のために手段を選ばなくなっているから
怖いお人です。はい。

どうでもいいけど、シャルルの次男
むっちゃ清楚系だけれど、ホモ要員ー!
もはやこの時代の性愛の考え方など、
取るに足らないことかもしれません。はい。

断頭台登場まであと少し! かな?

 

イノサン Rouge ルージュ 5 (ヤングジャンプコミックス)
 

 

 

君と星の話をしよう 降織天文館とオリオン座の少年 感想

集英社コバルト文庫の往年の作家さんたちが
次々オレンジ文庫に移動していて、
しかも結構名作が出ているらしいですが、
ちょっと拗ねて、買わないぞ、となっていたわけです。
そんな中、表紙にふっと惹かれて買った
『君と星の話をしよう 降織天文館とオリオン座の少年』
が思いのほか心を抉ってきて、
これはいい話だ! となった次第です。はい。

 

 

小さなころにストーブで顔にやけどをした主人公は、
その顔の傷のせいで、辛い境遇を過ごすし、
両親ともギクシャク。
ある日、出会った天文館の主人が「君の顔にはオリオンがある」
とにっこり笑いかけ、一緒に星を見ないかと誘います。
そして主人公の運命が良い方へと転がっていく。
主人公が、前向きになれるまで、
なってから、起きる天文館の主人の過去を揺るがす事件。
年の離れた義理の妹と暮らしている、天文館の主人の
雨の日の夜にしか現れないふしぎな友人の正体とは――?

と、オーソドックスな話が詰め込まれているなぁと思ったのですが、
読んでいるうちに涙止まらないし、前見えなくなるし、
嗚咽こらえているし。
最終的にはあたたかな方へ行くのだけれど、
あたたかな方へ行けて本当に良かったなぁ! と。
締めの言葉もグッときました。
傷が印になる。その鮮やかな心の変化。


偏見でオレンジ文庫に手を出さなかった今までの自分に後悔。
これからは気になったらどんどん読んでいこうと思います。
はい。

幼女戦記9話 感想

見たんですが感想忘れてました。
ドクが開発した戦闘機に乗って

(もはや人間魚雷)
敵地に突っ込むという、後方でゆったり過ごすという、
ターニャの夢から遠く離れた最前線。
下手に能力がある、駒って、
本当に使い捨て扱いだから
ターニャが哀れで仕方ない。
言ったらわかるし、
やればできる子すぎるのだよねぇ。

あ、4月からコミック3か月連続刊行だそうで。
これはうれしい。

 

幼女戦記 (4) (角川コミックス・エース)

幼女戦記 (4) (角川コミックス・エース)

 

 

 

幼女戦記 (5) (角川コミックス・エース)

幼女戦記 (5) (角川コミックス・エース)

 

 

 

幼女戦記 (6) (角川コミックス・エース)

幼女戦記 (6) (角川コミックス・エース)

 

 

チマチマ記 感想

久しぶりに長野まゆみ読みました。

 

チマチマ記 (講談社文庫)

チマチマ記 (講談社文庫)

 

 猫目線で、宝来家の日常が、主に料理をメインに描かれるという小説です。
特殊設定がほぼないので(猫が人間に化けるとか三日月少年が脱走するとか)、割とすんなり読めました。
出てくる料理がどれもおいしそうで、これはレシピも一緒に掲載してほしかったです。
何度つばを飲み込んだことか。
空腹時に読んだらおなかが鳴ってとてもやばかった…。

猫が人間と会話できているように見えたり、不思議な幽霊みたいな人がいたり、ほんのりボーイズラブ的な二人が出てきたり、子供たちのこだわりの描写とか、いろんな猫とか、人間関係とか、いろいろぶっこんでありますが、でもやっぱり料理が一番素敵でした。食べてみたいです。

はい。
鳩山郁子先生といい、どうしてこんな素敵料理をたくさんご存じなのかしらと思う。
うん。

ところで、本のタイトル、チマチマ記ですが、ちまチマキでもあるのかな・・・?