紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

届かない手紙――炎の蜃気楼昭和編2発売に寄せて。

愛しのチェリーブロッサム

お元気ですか。

冬の寒さに身を震わせながら煌々と輝くオリオン座をあなたを思いながら見上げて早3か月、気温が上がったせいでしょうか。星は西に傾き、少し遠くにかすんで見えるようになりました。

春が近いのですね。

昨日、本当に偶然に、またあなたの跡形に触れられる機会があることを知りました。

4月1日です。桜の頃ですね。

桜の頃にあなたに会えるのは本当にうれしい。10年前の春、あなたを失ってから、何度も何度も桜の季節が巡るたび、心が締め付けられるように痛んでいたから。

あなたの跡形は、決して平たんな道ではなく、むしろ茨に覆われた苦渋の道でしかないけれど。悲しい最期が待っているとは知っているけれど。

生きているあなたに、生きて思考を紡ぎ、行動し、感情を動かしながら、もがくように生きるあなたに、もう一度で会えるのは、私にとって僥倖以外の何物でもないのです。

あとひと月ほど待ったら、あなたに会える。

それを心の糧に、生きていこうと思います。

愛しのチェリーブロッサム、4月1日あなたに逢えたら。

またあなたへ手紙を書きますね。