紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

2014年3月22日東京にて

2014年3月22日にライチ闇クラブをみに、ばビューんと東京へ。

開演まで時間があったので、 靖国神社→パラボリカの個展→点滴堂→少年喫茶キリエ館→闇クラブ と自分で考えられないくらいアクティブに動きました。 ●パラボリカビス 現在(2014年3月22日)、長田ノオト展、妖のモノクロ世界夢蝕の水族館Ⅱ、リトルクリーチャーズ展をしていました。

長田ノオト展 これすごい楽しみで、1月ぐらいからまっていた気がします。薄暗い秘密基地のような会場で、舞台の上には妖しげな実験器具! そしてその雰囲気をも凌駕する長田ノオト先生の恐ろしく耽美な原稿たち! いやもう、美少年美青年美中年美少女、目白押しで、どれもすばらしくうっとりしましたが、やはり一番は孤島の鬼。 蓑浦君美少年過ぎるし、諸戸さん美青年過ぎ。なぜ、やおいにしなかった、原作の江戸川乱歩。とつっこみをいれたくなるほどすばらしくてですね、ノオトセットかっちゃったよ。 いや、素敵な展示でした。著作全部集めたい!

▽妖のモノクロ世界夢蝕の水族館Ⅱ ゴシックなお嬢さんの絵なのですが、線が緻密だし、美しいし、モチーフがグロテスクでもそんな風に見えないし。現代風耽美だと思いました。展示会場も水中を思わせるデザインになっていて、たゆたって見る感じ。

▽リトルクリーチャーズ展 ちっちゃくてかわいい生き物がそこかしこにいてですね、によによがとまりませんでしたよ。なかでも神宮寺光さんのビスうさは群を抜いてかわいい。思わずポストカードかいました。あと、林美登利さんのちっちゃいお人形もあどけないお顔で本当にかわいらしかったです。 はー、パラボリカさんは癒し空間だなぁ。

靖国神社 桜

炎の蜃気楼昭和編で舞台になったので見に行きました。 ちょっと構えていきましたが、いたって普通の神社でした。 桜が咲いていてじわってきて、おみくじも桜が引けたのでうれしかったです。 (炎の蜃気楼的な意味で)

●点滴堂 点滴堂階段カフェオレ 点滴堂さんは2回目でしたが、雰囲気がすごく落ち着くというか、いてほっとします。 コーヒーもおいしいし、季節ごとの展示もかわいらしいです。 念願の女学生トーとバッグもゲットできたし(^_^) またいきたい

●少年喫茶キリエ館 キリエメニューバラソーダ 少年装でおもてなししてくれる月1開催の限定喫茶。 訪れるお客さんも少年装なら店主も少年装。ギムナジウムってかんな感じ。 薔薇のソーダ水をいただきました。おいしかったです。

闇クラブ後、夜行バスぎりぎりになり、ちょっと大変でしたが、無事帰れたし、楽しい一日を過ごしたなと思います。 東京は素敵だなぁ。