紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

2014GW前半2日間まとめ

カレンダー通りに働いて、カレンダー通りの休みです。 金曜日夜は、十三のコワーキングスペース「JUSO coworking」で十三ビアーバッシュというイベントがあり、オーディエンスで参加しました。前半しかいませんでしたが、親指シフトやguchibush、プレゼン資料作成ソフトの発表や、自分のこれからについて、自分の所属するコミュニティの活動についてなど さまざまな発表があり、どれもみなさんが自分の言葉で自分らしく熱く発表していたので、聞いていて楽しかったし勉強になりました。

土曜日は、蔵書の断舎離。昔集めていた本をすっかり処分するのは心が痛く、けれどこれ以上増えても仕方ないので、少しずつ整理しました。本を整理することで過去の自分も少し整理できた気がします。 午後は新世紀映画「弥勒」を見に行きました。 稲垣足穂の作品を初映像化というこの作品、今巷にあふれている娯楽映画とは違い、純正の芸術を見ているようでした。モノクロなのですが、光の加減、音ひとつとっても美しい。 夢見る少年が大人になり希望していた小説家になりますが、最下層の生活に身をやつします。しかし、最後つきものが落ちたかのようにかつての夢見たころと同じ目で、小説を書く主人公! とても美しい目をしていました。 大阪で生演奏版があったらぜひ見たいですね。

で、今日はひたすらお料理。 ジャーマンサラダと長いもの炒めた物を作りました。明日はかぼちゃで何かします。 あとは遠くのスーパーまで散歩がてら行ってみたり、神社まで足を延ばしたり。 家に帰ってからは本の断舎離の続きです。奥の棚にしまっていた本の中から悪魔の黙示録とかエロイカとか出てきたよ。昔頑張って集めたなぁ。

明日は相棒の映画を見に行ければと。

遠出はしませんが充実したというか地に足がついた生活をしています。はい。