読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

飴屋法水さんと資生堂コラボの文章がすごい好き

感想文

特に最近本も仕入れていなくて、物を読む習慣がぱたりと絶え。
資格試験の参考書を読んでも一向に頭に入らず、
文章読むの苦手だったかなと思い始めた時に出会いました。

資生堂飴屋法水さんコラボの文章

hanatsubaki.shiseidogroup.jp

飴屋法水さんというと
東京グランギニョルの演出家で、
すごい美少年で(コシミハルの野バラのPVを見てほしい)
なんかもう伝説の人というか、
この世のものでないという勝手なイメージ。

それが最近、松たか子メトロポリスの舞台で拝見したり
たまたま読んでいた文芸誌に載っていた書評がすごくわかりやすかったり。
と最近興味がある方の一人です。

で、この資生堂ドルックスをテーマにした文章、
すごくすっと読めるのですよ。
ふわっとやってきて、気が付くと読み終わっている。

病院に入院した母、
その母が入院直前までパーマをかけていた、
パーマをしている母が、自分の知っている母
そして、母はドルックスを使っていた
昔、母の化粧水を使ったこと
口紅を使ったこと
街中で嗅ぐ懐かしい匂い
ドルックスのそれ

と文章が続いていくのですが、
飴屋さんの実話なら化粧したの飴屋さん!?ってなるし
(あれだけの美少年ならありうる)
架空の人が主人公だとしても、
架空と思えないほどの優しい生活感あふれる文章で
読んでいてふわっと気持ちが引き込まれます。

なんだろう。
飴屋さんが書いた文章をもっと読んでみたいなぁ。
戯曲でもいい。
小説でもいい。
この水のようにしみいる文章を、私はすごく愛していると、
そんなことを思うのです。
そして、こんな言葉をいつか紡げたらいいなと
憧れに似た思いを抱くのです。

はい。

 

ブルーシート

ブルーシート