紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

アライアズキ、今宵も小豆を洗う。(2) 感想

『アライアズキ、今宵も小豆を洗う。(2)/山崎峰水/KADOKAWA』の感想を。

 

 

【あらすじ】
伝説のアイドルがストーカー被害に! その裏に妖怪の陰が…。老婆に変身できる不思議な布を使ってDV夫に復讐しようとする女性だが…。妖怪探偵・アライアズキと、BLまんが家・道端寄子の凸凹コンビが事件に挑む!
ヤングエースサイトより

【評価】
★★★☆☆

【感想】
妖怪バトルものでありながら、昔の漫画だのアイドルだののサブカルチャーをぶっこんでくる新しめの民俗学漫画だと思っています。
個人的にうば皮のはなしが日本にもあって驚き(外国だと千匹皮とかですよね)。
妖怪、サブカル、社会風刺が楽しめるのは、原作の大塚英志が狙っているんだろうなぁと勝手に思っています。
市長(区長だったっけ)の動向も妖しいので、今後も楽しみです。はい。