読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

ベルサイユのばら13巻 感想

ベルサイユのばら13巻読みました。
話としては、オスカルのシャドウ(もしもオスカルが女として生きていたなら)がオスカルを苦しめる話と、
マリー・アントワネットブレゲが作った時計についての2本立てでした。

オスカルにしろアントワネットにしろ本編で生きざまを描き切っているので、
スピンオフをするのが難しいのだろうなぁという印象を受けました。
さりとて、主要人物のお話をまた拝めるという僥倖に浮かれずにはいられませんが。はい。

オスカルのオリエンタル風ドレス姿がまた拝めてアリガタヤ・・・。ってなったけど、アンドレのために着てあげて! ってなるのはまあアンドレ×オスカルファンの夢ということで。はい。

マリー・アントワネットのお話は、結構興味深かったです。というか、現代に通じる時計の開発がフランス革命あたりで成立していたという新たな歴史の側面が見られて、勉強になりました。はい。

ベルばら、今後も続くとして、誰の話を持ってくるのかなぁと。いっそもうパラレルで、天国で幸せに暮らしているアンドレとオスカルとかいうのでも満足しそうな気がします。はい。

 

 

ベルサイユのばら 13 (マーガレットコミックス)

ベルサイユのばら 13 (マーガレットコミックス)