紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

炎の蜃気楼昭和編舞台を前に

愛しのチェリーブロッサム

お元気ですか。 もうしばらくしたら、肉厚な昭和を生きたあなたを見ることができると思うと、少しだけそわそわします。 思えば私にとってあなたは言葉であり、文字であり、音でありました。 自分と同じ肉体も持った何か、ではなかったので、時に自分に都合の良い形に改編することができました。

 

けれど今回は、この世に肉体をもったあなたが私の前に現れる。自分の思っていたイメージを粉々に打ち砕くかもしれない鮮烈な輝きを持ってやってくる。 恐怖とともにどうしようもなく胸が焦がれます。

 

ひと時現実に現れるあなたが、どうかとても素敵でありますように願うばかりです。

 

現実のあなたにあったら、また感想を書きますね。

愛しのチェリーブロッサム、気候不順のとき、どうかお元気で。健やかにお過ごしください。