読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

鳩山郁子先生新作「寝台鳩舎」第1話感想

私の敬愛する漫画家の一人、鳩山郁子先生のコミックのweb連載が2015年9月18日より、ぽこぽこ(太田出版)始まりました。 月1回の更新で、最終回前までweb連載。最終回とこれまで公開されたコミックは本という手元に残る紙媒体で読めるという嬉しい展開です。

タイトルは「寝台鳩舎」。 第1話は、

両親と列車旅行をしている少年ダヴィーが、暇つぶしにすべての車両を見て回ります。14両目の車両の扉を開くとそこは寝台車。誰もいない寝台車にダヴィーが疑問を感じると、次々に寝台に負傷した少年たちが現れ、「マスター」「信書」のことを口にします。 彼らは足に親書をくくりつけているよう。彼らの正体は一体――? 途惑うタヴィー。彼はこれからどんな世界へ足を踏み入れるのでしょうか。 (ゆきや私的まとめ)

といったお話です。

エルネストの鳩舎でも鳩がテーマでしたが、寝台鳩舎も鳩がテーマです。しかも、戦時中に活躍した伝書鳩の一種、移動鳩をもってくる(私はこの作品で初めて移動鳩知りました)、先生の鳩に対する知識の深さと着眼点が素敵だなぁと。

緻密に描かれる絵は見ているだけでうっとり。 お話も、謎多き負傷した少年たち、怪しげな老人、ダヴィーの運命のほのめかし、など今後の展開が気になるアイテムがたくさん散りばめられた、素晴らしき第1話だったと思います。

2話の公開は10月19日。ぽこぽこはバックナンバーのシステムがたしかなかったので、1話が見れるのは10月18日までになりそう。毎月欠かさず見守らねばなりませんね。

最終回まで(紙媒体になるまで)追いかける喜び。2015年下半期、たのしみがまた一つ増えました。