紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

「林美登利さん・田中流さん・石神茉莉さん Dream Child出版記念トークショー」に参加しました。

yugaorou

2014年5月10日、大阪なんばの味園ビルにある夕顔楼さんで、「林美登利さん・田中流さん・石神茉莉さん Dream Child出版記念トークショー」に参加しました。 以下備忘録。

 

迷子癖のある私が、何とか味園ビルにたどり着いたのですが、夕顔楼さんを探すのに10分ぐらいかかりました。魔窟という表現が似合いそうなビルです。 中は、赤黒い照明で、夕闇の常世に迷い込んだのではないかと思いました。シャンデリアに桜の花(造花?)が飾ってあったので、その印象が強まったやも。

 

林さんが本の表紙に使われた、蚕蛾姫の人形を持ってきてくれました。至近距離で見れたうえに、触ることもできて、ウキウキ。林さんの人形はあどけない子供の顔の者が多く、やわらかで優しい感じがするので、触るとどんな感触なんだろうと常日頃思っていたので、触れてよかったです。

 

まったりトークスタート。林さんの人形作りにかける想いとか、どうして人形を作るようになったのとか、本ができるまでの紆余曲折など、とても面白く拝聴しました。 田中さんは清水真理さんの写真集の写真も撮っていますが、清水さんと林さんの人形から受ける雰囲気は全然違うとのこと。清水さんは室内での撮影が多く、林さんの人形は野外で撮ることが多かったそうです。都内のとある同じ公園で季節を変えて撮ったとのことでした。 石神さんはこんな話でよかったのかなーとか控えめな発言がありましたが、私この本で初めて石神さんの本を読んですぐさま三隣亡シリーズに手を出した口なので、この話だからよかったですといいたいです。はい。

 

質疑応答などもあり、とっても充実した時間でした。 蚕蛾姫の妹分、営繭さんもオーナーさんがわざわざお持ち下さるという、素敵な展開になり、間近で2体も林さんの人形が拝めて感極まりました。

 

石神さん主催の三隣亡、10月に大阪は中崎町のギニョールさんで開催されるとか! とても楽しみです。