紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

ファタモルガーナの館 あなたの原典に至る物語 5 感想

やっと読み終わりました『ファタモルガーナの館 あなたの原典に至る物語 5/縹 けいか/GA文庫』の感想を。

 

ファタモルガーナの館-The house in Fata morgana- あなたの原典に至る物語V (GA文庫)

ファタモルガーナの館-The house in Fata morgana- あなたの原典に至る物語V (GA文庫)

 

 

【あらすじ】
『……ミシェル?』
 ジゼルが不安そうに顔を覗き込む仕草が、脳裏に浮かんだ。
「君にも――いや、君にこそ、この光や風を感じて欲しかった」
『大丈夫ですよ、ミシェル! だって――あなたがきっと、この闇を取り払ってくれるわ!』
 悩むことはもう終わらせて、何かを変えられると信じ突き進むしかない。君をそこから助け出してみせる。そして、モルガーナの呪いを断ち切ってみせる!!
 館の真実が明かされる、衝撃の最終巻!
SB Creativeサイトより

【評価】
★★★☆☆

【感想】
ミシェルが過去に飛んで、メル・東洋の男・領主の真実を暴いて、モルガーナを救えたように見せかけて…。
と前半はゲームと同じだったので、追体験するみたいに読み進めました。
ただラストが、結構あっさりまとめてあったので、
ゲームをしたほうが、あのラストへの号泣にはつながると思います。
というか、小説でも現代で二人が出会うところまで書いてほしかったなぁ。
領主の過去話は、ファタモルアナザーエピソードをプレイしていたので、脳内で行間を埋めるということをしていました。
本で読んでも、やはりファタモルガーナの館の世界観は秀逸だったので、ゲームみんなしよ!
というのが感想です。

ああ、ファタモルアナザーのサントラ早くほしいなぁ。