読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

笑う吸血鬼2 感想

感想文

『笑う吸血鬼2/丸尾末広/KADOKAWA』の感想を。

 

笑う吸血鬼 2 (ビームコミックス)

笑う吸血鬼 2 (ビームコミックス)

 

 

【あらすじ】
魔神・丸尾末広の傑作長篇、新装再編集版でハンディーに刊行!(全2巻)

「大地はこの身体を受け入れてくれない」 十四歳の少年と少女、吸血鬼となったふたりの運命は…。ワールドワイドに熱狂的ファンを持つ日本漫画界が誇る魔神・丸尾末広、美しさと残酷さに溢れた代表的傑作長篇が、手に取りやすい新装版として、待望の刊行!(全2巻)
エンターブレインサイトより

【評価】
★★★☆☆

【感想】
丸尾末広の作品は、好きなのだけれど、読むときにすごい覚悟がいるのです。
猟奇・スプラッタが苦手なので、あわあわ言いながら読む。
けれど、読まずにいられない魅力的なキャラクターたち(1巻感想でもかきましたが)がいるので、読んでしまう。

2巻(ハライソ)では
毛利君はより格好良く美しく残酷に。
留奈ちゃんは、野の花から妖しく美しい魅力ある魔性のものに。

駱駝女という庇護者を失い、吸血鬼の哀しいサガを知った時、
二人はどう生きていくのか――
そんなことを匂わせながら全2巻です。
あんまりだ。
けれど、醜く老いた姿で生きる毛利君と留奈ちゃんを見たいかと言えばそうでなく。
難しい所です。はい。