紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

風蜘蛛の棘 感想

京極夏彦京極堂シリーズのアンソロジー的な小説がいくつか出て、

そのなかで秀逸だなと思っていた佐々木禎子さんが第2弾出されて、

『風蜘蛛の棘』を読んだわけです。

 

薔薇十字叢書 風蜘蛛の棘 (富士見L文庫)

薔薇十字叢書 風蜘蛛の棘 (富士見L文庫)

 

 

東京ローズ、供出ダイヤ、三原山の自殺、と出てきて、これなんの大塚英志ですか? ってなりました。オクタゴニアンと、東京事件と北神伝綺が脳裏をよぎり、昭和のあの時代のちょっとファンタスティックな事件ってまあ限られるから重複したんでしょうが、そのおかげで、なぜか大塚作品再読の機会を得たので、結果的にありがとうございましたと。

 

文体は京極を真似ているし、蜘蛛を引っ張ってくるあたり、原作を知っているといろいろによによすることが沢山。

ちゃんと作品を尊敬しつつ、自身の世界を構築されていてえらいなぁと。

 

キャラ萌で終わってないところに好感をもちました。はい。

京極夏彦アンソロジーライトノベルシリーズの中では一等好きです。はい。