紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

COLD HEART完結! よかった!

長らく見守っていた木原音瀬さんのCOLD HEARTが、(木原さんの)同人誌で完結いたしました。
商業の方ではきちんと完結しているのですが、まあいわゆるBLファンタジーからしてみればとても、受け入れがたい辛い終わり方だったのです。そこから木原さんが同人誌でコツコツと、正彦と海斗の関係修復の物語を紡ぎ続けてくださり、ようやく幸せな終わりを迎えました。

いや、惣一さんシリーズがこれが幸せか? みたいな終わり方していて、苦しくてやるせなくてそれでも惣一さんが幸せというなら読者は甘んじてそれを受け入れるしかないという心境だったのですが、COLD HEARTシリーズは想いが通じ合って、触れることもできるようになって、正彦は過去を乗り越えて、斗は人を想うということ(正彦に限る)をきちんと身につけて、よかったなと。

これからきっと互いが老いて死ぬまで一緒に仲良く暮らしていってくれそうなのでよかった。同人誌という形態ですが、ずっと見守り続けていた良かったなぁと。
先生がきちんと幸せな結末に連れて行ってくれたことに感謝です。
(できれば商業で出していただいた方が保存はしやすいですが)

あとは吸血鬼とゆかいな仲間たちとMUNDANE HURTが幸せな結末に行くといいなァ(というか吸血鬼はまとまったら商業で出してほしいです。)

あと今年中に、木原先生が一般誌でかいていた小説がまとまって出るといいなぁと思います。はい。