紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

バスでありがとうと言い、嬉しかったこと

仕事でちょっといっぱいいっぱいなゆきやさんです。 最近ようやく去年の6月に買ったアルスラーン戦記(新書の方)をのろのろ読み始めました。 感想をかけるまでいければいいなぁ。

さて、前回、バスを降りるときにありがとうということという記事を書いたのですが、先週嬉しいことがあったので続き。

その日は、とても愛想のいい運転手さんで、各停車地ごとに「お降りの方はいらっしゃいませんか?」「それでは通過いたします」と元気よく声かけをされる方でした。

降りるとき、少し疲れていたので、ありがとうございますの声が小さくなったのですが、その運転手さん、とってもいい笑顔で「ありがとうございます! お疲れ様でした!」って言ってくれたんです。

ありがとうの後のお疲れ様でしたコールに、少し心癒され、バス停から家までの帰り道の足取りがちょっと軽くなったのでした。

嘘のような本当の話です。 運転手さん、心の癒しをありがとうございました!