読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

naked ape版 孤島の鬼2巻感想

感想文

『孤島の鬼2巻/naked ape/講談社』の感想を。

 

孤島の鬼(2) (KCx)

孤島の鬼(2) (KCx)

 

 


【あらすじ】
大正十四年、帝都・東京。最愛の婚約者・初代に続いて、友人の深山木までも殺され、復讐に燃える美青年・蓑浦金之助。しかし、二つの事件の真犯人と目される少年まで殺されてしまい、途方に暮れる蓑浦だったが、蓑浦に想いを寄せる天才医学研究者・諸戸道雄は、その天才的な頭脳を駆使して、殺人事件の背後に隠された闇をあぶり出していく…。江戸川乱歩×naked ape、夢の鬼才コラボで放つ愛と哀しみの探偵譚、第2巻!
講談社コミックプラスサイトより

【評価】
★★★☆☆

【感想】
1巻を読んだときは、意外と響かなかったのですが、
2巻はすごくいいです。曲馬団に警官が押し入る話が挿入されていたり(これはアレンジですよね?)
諸戸さんの故郷の島に帰ってからの狂気とか、ぐっと迫るものがありました。
秀ちゃんに一目している箕浦君…君凄く平和だなぁと。
長田ノオト版では、諸戸の両親がかなり怪物描写されていたのですが、
naked ape版では、こわもてのおじさんと婀娜っぽいお母さんになってました
(ちょっとこれが新鮮だった。江戸川乱歩異人館でも怪物的描写だったので)
次巻で完結するよう。あの洞窟のシーンがどう描かれるかすごく楽しみです。はい。

あと、孤島の鬼、ドラマCD化するそうで。続報が楽しみですね。
(ドラマCD久しぶりに聞いてみたいです。はい)