読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

長田ノオト版孤島の鬼 感想

感想文

発行を心待ちにしていた『孤島の鬼/ぶんか社/長田ノオト』の感想を。

 【あらすじ】

怪奇小説の大家・江戸川乱歩のあの禁断の名作「孤島の鬼」をコミカライズ!恋人を殺された美青年が犯人捜しに乗り出すが……。
ぶんか社サイトより

【評価】
★★★★☆

【感想】
言わずと知れた江戸川乱歩のBL、孤島の鬼の長田ノオト先生版。
電子書籍で読んでいたのですが、
紙の本で手に入れられて本当にうれしいです。
何よりも本が分厚い! 重みにによによしてしまいました。

蓑浦の恋人「初代」殺人事件を調査するうち、
諸戸の故郷に隠された秘密を知ってしまった諸戸と蓑浦は…。
みたいな話ですが、

もうね、諸戸と蓑浦が耽美過ぎてヤバイです。
二人とも美青年過ぎる。その美青年たちが妖しい関係過ぎて
ドキドキするわけですよ(まあ、最終的に蓑浦は拒みますが)。

話も濃密に描かれていて、読了後の満足感と言ったら!
大変美味しい、孤島の鬼でございました。

いまのところ、私の中の孤島の鬼再現度NO.1は長田先生です。
素敵な作品をありがとうございます!