読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

開かせていただき光栄です 感想

皆川博子先生の、『アルモニカ・ディアボリカ』が文庫で出ると聞いて、嬉しい悲鳴を上げている中、『開かせていただき光栄です/皆川博子/ハヤカワ文庫』の感想を。

 

【あらすじ】

18世紀ロンドン。外科医ダニエルの解剖教室から、あるはずのない屍体が発見された。四肢を切断された少年と顔を潰された男性。増える屍体に戸惑うダニエルと弟子たちに、治安判事は捜査協力を要請する。だが背後には、詩人志望の少年の辿った稀覯本をめぐる恐るべき運命が……解剖学が先端科学であると同時に偏見にも晒された時代。そんな時代の落とし子たちがときに可笑しくときに哀しい不可能犯罪に挑む。
ハヤカワオンラインサイトより)


【評価】
★★★★☆


【感想】
全体的に耽美っぽいのですが、死の泉に比べるとポップな印象を受けました。
死体が消えたり入れ替わっていたり、増えたり、とお? お?ってなりながら読んでいたら、過去と現在がクロスオーバーするかきかたで、またまた、お! そんな事実が! と興味深く読んでいたんですよ。
そしたらまた大どんでん返し。
またしてもやられました。
ここまでやられると、いっそすがすがしいほどです。
キャラのために心を痛めていたけれど、痛めなくてもよかったんだわって知った時の安堵感が半端ないです。
皆川作品は、キャラクターが本当に魅力的な方が多いので、ビジュアル化を強く希望したいです。