読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

炎の蜃気楼昭和編 無頼星ブルース 感想

読むたびに胸が締め付けられるのですが読まないでいられない『炎の蜃気楼昭和編 無頼星ブルース/集英社コバルト文庫/桑原水菜』の感想を。

 

 

【あらすじ】
死の旋律、そして死の船を巡る戦いは終わった。信長は重傷を負い、しばらく静かな日々が続くかと思われたが、景虎をつけ狙う人間が現れる。織田の手の者か、はたまた別の勢力か──!?
集英社サイトより

【評価】
振りきれてできません

【感想】
本編につながる伏線がたくさん出てきたので、
とりあえず、みなぎわの反逆者の頃の直江に会いたくなったり(後一向宗)、綾子ねーさんを監禁している頃の信長に会いたくなったり、十字架を抱いて眠れの直高の奇跡ぶりを再評価したり(あと景虎さまのトラウマとか)、いそがしかったです(本自体の感想でない…^^;)。

昭和編のミラージュって、安保闘争真っただ中だったのだなぁと再認識。全共闘時代を勉強したくなったり。
直江は美奈子と仲良しの景虎さまを見るにつけ、心が泥沼に。完全に1部の直江を構成する核が出来つつあります。1部で、結構未遂事件起こしていたけど、昭和編でも結構未遂事件起こしているようです。まだ、景虎さまのトラウマ知らないから、拒絶されて余計傷つく。
あと、二人の想いが全然かみ合わないのが、ザ・泥沼! って感じです。勝者と敗者とか主従関係とかそんなの抜きにして、思いのたけをぶつけ合ったら今後のあの泥沼に発展しなかったのではないかと思いました。

まぁ、昭和編は過去話なので、あらすじは変えようがないのですが。けれど、願ってやまないのです。加瀬と尚紀が笑って分かり合える日々を。

意外と美奈子が役に立つ存在だとわかったり、役小角の生まれ変わりを名乗る人が出てきたり、一向宗が登場!や、相変わらずの高坂ファインプレーなど読んでいて面白かったです。
あと、マリーを好きすぎる信長とか(いっそ慎太郎さんが信長であったら…それはそれで泥沼)

しかし泥沼(それしか言うことがないのかしら)。
次巻も楽しみです!(でもできれば長く続いてほしいなぁ)