紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

ココロが炎の蜃気楼に帰っていく

ひょんなことから、炎の蜃気楼アンソロジーに参加することにしまして、

Mirage & Us – 炎の蜃気楼エッセイアンソロジー

一問一答形式で、自分と炎の蜃気楼について書いていくのですが、
資料にと久しぶりに本を取り出したり、
アニメ見たり、ドラマCDやときめきテレホンを聞いていたら
自然と心がミラージュに帰っていく帰っていく(笑)

なんだかもう、心がうきうきしてきて、
口角が自然と上がり、
昔読んだり聞いたときにしたツッコミを
また普通にしてしまう始末。
あんまりにもによによしてしまうので、
いかんいかんと表情をいつもより引き締めています。

どれだけ月日が流れても、
こんなに心を乙女に返してしまう、ミラージュは
やっぱり私の心のバイブルですね。

とりあえず今、アニメのみなぎわの反逆者を見て、
タイガース・アイでひとしきりわなわな震えた所です。
はい。

 

炎の蜃気楼 みなぎわの反逆者 第2章 [DVD]

炎の蜃気楼 みなぎわの反逆者 第2章 [DVD]

 

 

ついでに今のところのせる予定の名シーンちょっと書いておきます。

「たとえもし、すべての人があなたを見捨てたとしても、私はあなたのそばにいます。いつまでも……」まほろばの龍神P.154
「死ぬまで……いや、死んでも。あのひとのそばにいます。あのひとを愛します。そしてあのひとと……幸せになります 覇者の魔鏡後編 p.226」
「最後の瞬間まで生きろ。生きて生きて生き抜いてから……息絶えろ わだつみの楊貴妃中編p.256」
「敗北しても押しつぶされても、あなたが、私のたったひとつの生命だから 黄泉への風穴後編p.95」
「怯えを、乗り越えるだけが勇気じゃないさ 火輪の王国 烈涛編p.93」
「エゴでいい、罪でいい。どれだけ世界から罵られてもいい。(もうおまえを苦しませない) 怨讐の門(赤空編)p.182」
「勝てると信じるなら必ず勝つ! 自分の強さを信じろ!―中略―信じられないなら、オレが信じる! 怨讐の門(白雷編)p.190」
「……終わりを見つめて生きていたら、終わりまでしか生きられない……。そう思わないか、直江 怨讐の門(黒陽編)p.127」
「最上の場所は……どこかにあるんじゃなくて……あんたたちのその……一歩一歩の……ことなんだわ 耀変黙示録IV ―神武の章―p.13」
「全部が終わったら、一度越後に帰ろう直江。オレたちの原点だ。そして四国に戻ったら、一緒に暮らそう。海が見えて、風が吹いてるところがいい。岬の近くに小さな家建てて、ふたりで暮らすんだ。時々みんなを呼んで。美弥たちも呼んで。おまえの家族も呼んで。永劫の孤独を、埋めて余りあるほどの幸福を、おまえに 耀変黙示録IV ―神武の章― p.228」
「直江を幸福にしたい。でもおまえたちも幸福でないなら、オレたちも幸福じゃない 耀変(ようへん)黙示録6 乱火の章p.224」
「生きる、という意志がその眼には溢れていた 阿修羅の前髪p.182」
「私という死者が伝えたいのは、ただひとつです。生きているうちに、幸福になってください 千億の夜をこえてp.331」

思い出しただけでにやける…。