紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

ネタバレ! 炎の蜃気楼昭和編4巻 霧氷街ブルース 感想

コバルト文庫を買いに書店いったら、入ってませんと言われ半泣きになったゆきやです。調べてもらったらちゃんと入荷しており、無事ゲットしました『炎の蜃気楼昭和編4 霧氷街ブルース/桑原水菜/集英社コバルト文庫』 感想行きます!

霧氷街ブルース 炎の蜃気楼昭和編 (コバルト文庫 く 5-109)
桑原 水菜 集英社 (2014-12-26) 売り上げランキング: 278

 

【あらすじ】 直江(笠原)が通う東都大の構内で、不発弾が爆発。現場はかつて陸軍の秘密研究所があった場所だった。事件の後から学生たちの間で「同じ夢を見る」現象が広がり、直江は真相究明に乗り出すが…? (集英社コミックス・書籍検索サイトBOOKNAVIより

【評価】 ★★★★☆

【好きなせりふ】 自分が医療で救いたい人間なんて結局、ひとりしか思い浮かばない。p.21 --おまえの近くにいる限り、オレは暴君でしかいられない。オレさえいなくなれば、おまえは楽に息ができるようになるだろう。おまえを救ってやるよ、直江。p.44 「それとも私が庇護してさしあげましょうか、保護者のように」p.70 「……もうずいぶん昔に離ればなれになった人だけど。恋の歌を歌う時は、いつもそのひとのことを想って歌うわ。そうすれば、いつか私の歌がそのひとに届くような気がして」p.103 「……オレの言葉に従えないなら、従えるように、一から躾けなおしてやろうか」p.121 「……てめえはそれでいいかもしれねえが、ああいう男はよ。追い詰めすぎると、おまえらふたりだけでなく周りも巻き込むから、ほどほどにしとけよ」p.124 「あなたも、苦しい片思いをしているのね……」p.132 (君なら、理解してくれるだろうか……) この息苦しさを――この惨めさを。 どこまでも押し潰してくる人間を、それでも求めずにはいられない、矛盾しまくる心を。p.135 「貴様もわしも人生はとうに過ぎた。だが夢からは醒めぬ。下天の八日を生きても、なお醒めぬ。生即ち夢ならば、ずいぶんと長い夢を見ているものではないか」p.163 景虎は自分の手に目線を落としていた。意識がない間、美奈子が握っていた左手だった。切なそうな眼差しをしている。p.207

【感想】 完全ネタバレなのでご注意を。 そして名前に統一ルールがなく感じたままの名前を使っているのでご容赦を。

はい、好きなせりふが多すぎてやばい感じです、今回。 えーと、阿藤一族が出てきたり、信長に親近感を覚えてしまう景虎様がいたり、本編につながる伏線がわんさか出てきます。 本編を読み終わっているからこそ、ああ、この時からこの感情を抱いてたんだとか、暗躍していたんだとか思うシーンがちらほら。

ネタバレになりますが、尚紀が呼吸器の医者になりたいといった時にはなんて景虎様思いなんだと涙し、伊豆での静養を進められた景虎様には時間が本当にないんだなぁとしんみり。案外織田との激闘がなくても景虎様は早世していたのやもしれません。

尚紀の夢の中の景虎様が直江の中の景虎様を映したのだとしたら、無意識のうちに直江は景虎様の気持ちをすごく感じ取っていたのだろうなぁと。無意識にですよ。おまえを救ってやるよなんて台詞、涙出る。

尚紀の学校で直江を「尚紀」って呼び捨てにしている加瀬さんに萌えた。父兄の気分だといっていてさらに萌えた。

あと、マリーさんが歌うときに慎太郎さん想っているのにもじんわり。あと、慎太郎さん東北出身だったんですね。知らなかった。読み飛ばしたのかしら。

朽木信長はすいません、舞台での朽木があまりにもファンシーすぎて信長をやってる朽木を想像すると笑ってしまう。ファンシーな姿を思い出してしまうからだろうか。 下天の八日は下天の一昼夜が人間界の50年なので、50×8=400年という気の利いた言葉ですね! 朽木信長格好いい! フゥ!

美奈子尚紀は意思の疎通したほうがいいね。報連相しようね。そしたら誤解生まないから。あと、美奈子はマリーに加瀬マリーは仮の姿って早く教えてもらってください。その前に、尚紀が暴走するのか。

美奈子にマリアを求めるのは加瀬さんにしろ尚紀にしろ、なんでだろう。そして加瀬さんのキリスト教知識はどこで入手したのだろう。そしていちいちユダとキリストに自分たちを無意識に当てはめてしまう尚紀は何なのだろう。本編1部へのプロローグでしょうか。

今回のエロシーン(前回は氷で肌を舐るなんというプレイを持ってくるんだ! ってのがありましたが)は、尚紀に指に出血させ、指先を加瀬さんが口に含んで血をのみこむという、尚紀もきょどってましたが淫靡ですね! 指を口でくわえるだけなのにね!(ゆきやさんやや壊れ)

なんかもっと長秀が―! とか、色部さんが―! とか、高坂が警察官? てか人物図が美青年過ぎて、鼻血吹きそうでしたが、意外に出番が少なく、とかいろいろあるんですが、どんどんまとまらなくなるので、ここらでお開きです。 はい。

お付き合いくださりありがとうございました。次巻後編楽しみにしています!