読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

誕生日

未分類

ついに最終巻の直江と同じ年になった。 自分にとっての高耶さんに出会えなくて、軽く失望はしているけれど、高耶さんが死んだ年に強烈に胸に抱いた絶望はやってこなかった。

20代の頃は人付き合いが苦手で、毎日が苦しくて、狭い壁の中で蹲っているようだった。 ここ最近はあたたかな人々に囲まれて、世界は本当は優しいのかもしれないと思うようになってきている(まだ少し信じられなくて不安でどきどきするけれど)。

だからもう、高耶さんに出会えないからと、直江になれないからと、絶望する自分はいない。

私は私なのだ。そして息苦しかったひと時の間、夢や理想を彼らに託してこの世界の苦しさと闘ってきた。それだけのことだ。

最終巻の直江と同じ年になったら死ぬのだと思っていた、かつての私へ。 もうすこしだけ、生きることを選んでもいいですか。