紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

ぼくとぬえちゃんの百一鬼夜行(3) 感想

『ぼくとぬえちゃんの百一鬼夜行(3)/ 樹生ナト/角川書店』の感想を。

【あらすじ】
妖怪の事業化を企むIT企業の計略に乗り、妖怪たちがどんどん消されてゆく! その矛先はねこじゃら小学校の妖怪たちにも向けられた。世界の存続のかかった最終バトル開始!
角川書店サイトより

【感想】
2か月連続で読める嬉しい! ってなってたのに、最終巻と書いていて、打ち切りかとちょっとショックを抱えながら読んだんですが、大団円でした。
いやー、柳太くんがまさか、こんな設定のキャラだったとは。
(巨勢金岡は知らなかった。勉強になった)
そして街自体が、ぬえちゃんの創造だったとは。
潔いほどの騙され感にすがすがしさを感じました。
話の根底を覆すような設定を盛り込んでくるあたり
大塚氏の原案光ってる! ってなりました。はい。

あと、大人が金稼ぎのためにキャラクターものを子どもに与える件について、
こどもの想像力を奪っているという記述があり、
まあ、その通りですよね。って思いました。
(こどもはきっと模倣は上手になるだろうけれど、創造力は弱くなるのではないだろうか)

 

ぼくとぬえちゃんの百一鬼夜行 (3) (角川コミックス・エース)

ぼくとぬえちゃんの百一鬼夜行 (3) (角川コミックス・エース)