紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

パレスメイヂ(5) 感想

とにかく切ない『パレスメイヂ(5)/久世番子/花とゆめコミックス』の感想を。

 

パレス・メイヂ 5 (花とゆめCOMICS)

パレス・メイヂ 5 (花とゆめCOMICS)

 

 

【あらすじ】
宮殿-パレス-での勤めを通して、御園の陛下への想いは、日に日に募っていくばかり…。そんな中、宮殿-パレス-にやってきたのは、海色の瞳を持つ婦人、レディ・アスター。何やら思惑ありそうで…?そして平和な帝都を脅かす大事件が…!?少女帝と少年侍従の近代宮廷ロマンス、激動激震の第5巻 
花とゆめサイトより

【評価】
★★★☆☆

【感想】
切ない。
とにかく切ない。
御園との穏やかで愛しい日々、そして迎える大震災。
その中で帝が気付いてしまうんですよ。
自分の御園への想いが寵愛でなく、愛であることに。
そしてそれは帝である自分には決して赦されないことに。
巻末の別離のシーンはもう、苦しくて苦しくて。
彰子は帝だから御園に出会えたけれど、
帝だからこそ御園を愛することが許されない。
そのジレンマ。
心が痛いです。
これからどういう展開になるのか、楽しみ。
二人の愛がどうか成就しますように。

しかし、作者の久世先生。暴れん坊本屋さんのイメージしかなく、
こんなしっとりとしたお話もかけるのですね。
やはり作家さんというのはすごい生き物なのだなぁ。