読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

鳩山郁子さん 『ロマンティカ』感想

待ちに待った鳩山郁子さんの短編が、kindleから配信されました! 価格も100円とお安い! というわけで『ロマンティカ/鳩山郁子/kindle太田出版)』の感想を。

【評価】 ★★★★☆

【感想】 ああ。もう、たまらない。これにつきます。

鳩山郁子さんが描写する少年世界は、夢と憧れが詰まっていてたまらないのです。

少年たちの邂逅や会話や思いや慕情などがキラキラ目の中に飛び込んでくる。

どうして時めかずにおれようか。

絵から言葉から感じる美しさ、鉱物やレースのリボン、肋骨内に宿る三日月などといったモチーフの素晴らしさ。登場する少年の名前すら愛しくて、胸がきゅんと高鳴ります。

表題作の、『ロマンティカ』。少年が憧れの対象を想うために使う魔法がとても好きです(男女だったら恋だったのかしら)。桜の下のひと時の邂逅もなんと美しいのでしょう。

思わず、長野まゆみ初期作品に溺れていたころの自分にひゅーんと戻ってしまいます。

鳩山郁子さんは、絵柄はかわれど、鳩山少年世界ともいうべき素敵で愛すべき少年世界を紡ぎ続けてくれるので、大好きです。

本当は紙で読みたいので、評価の星は4つで。 他にも未収録短編集があると思うので、どんどん出てほしいなぁ。