読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

櫻狩り 感想

いろいろ衝撃だった『櫻狩り/渡瀬悠宇/小学館フラワーコミックス』の感想を。

櫻狩り 上 (Flowersコミックス)

櫻狩り 上 (Flowersコミックス)

 

 

新装版 櫻狩り 中 (Flowersコミックス)

新装版 櫻狩り 中 (Flowersコミックス)

 

  

新装版 櫻狩り 下 (Flowersコミックス)

新装版 櫻狩り 下 (Flowersコミックス)

 

 


【あらすじ】
渡瀬悠宇、幻の衝撃作が新装版で遂に甦る!

ふしぎ遊戯』『妖しのセレス』『絶対彼氏。』など、
数々の大ヒット作を描き続けてきた渡瀬悠宇

そんな渡瀬悠宇が長年構想しつづけて
「これまでとは違う、濃い愛憎劇」として
渾身の力をこめて挑んだ作品・・・『櫻狩り』

あの、各界に波紋を広げた衝撃作『櫻狩り』が、今
新装版として、ついに甦る・・・!!

描き下ろしカバーによる、B6判で新しく甦った『櫻狩り』。
上巻につづいて、三ヶ月連続で中巻、下巻(完結)と発売予定!


時は大正9年。一高入学を目指して志高く上京した、田神正崇。

そこで、運命の悪戯か奇しくも出逢ってしまったのは、謎めいた美青年
侯爵家の御曹司・斎木蒼磨だった。

その時から、正崇の運命が狂おしくほとばしりはじめて---!!

愛憎入り乱れる、美しくも悲痛な、大正浪漫幻想譚。
小学館サイトより

【評価】
★★★★☆

【感想】
ふしぎ遊戯の方がBL? と軽い気持ちで新装版上巻買ったらとんでもない化け物でしたよ。
これ懐かしの耽美・JUNEの香りが匂い立つよう!
徹底的に線と墨だけなのも、大正レトロな時代を描くのにふさわしい。

蒼磨さまと正崇の出会い→信頼→裏切り→報われぬ愛→赦し→別れ
までがとても丹念に描かれていてですね。よんでいて面白かったです。
最後二人が結ばれるシーンなんか、涙ものでね。心底よかったと思いました。
しかし、妹(弟)はひたすら可哀想でした。どうにか生きてしがらみを乗り越えて、兄弟仲良く家を盛り立てることはできなかったのでしょうか。涙。
で、ラストはいろいろ説があるようですが、蒼磨さま、生きて再び正崇に再会する派に一票です!

いつか続編が出て、その後の幸せな風景を見せて頂けると、私すごく喜びます。はい。