紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

サロメ/原田マハ 感想

サロメ/原田マハ/文藝春秋』の感想を。

 

サロメ

サロメ

 

 

【あらすじ】
現代のロンドン。日本からビクトリア・アルバート美術館に派遣されている客員学芸員の甲斐祐也は、ロンドン大学のジェーン・マクノイアから、未発表版「サロメ」についての相談を受ける。
このオスカー・ワイルドの戯曲は、そのセンセーショナルな内容もさることながら、ある一人の画家を世に送り出したことでも有名だ。彼の名は、オーブリー・ビアズリー
保険会社の職員だったオーブリー・ビアズリーは、1890年、18歳のときに本格的に絵を描き始め、オスカー・ワイルドに見出されて「サロメ」の挿絵で一躍有名になった後、肺結核のため25歳で早逝した。当初はフランス語で出版された「サロメ」の、英語訳出版の裏には、彼の姉で女優のメイベル、男色家としても知られたワイルドとその恋人のアルフレッド・ダグラスの、四つどもえの愛憎関係があった……。退廃とデカダンスに彩られた、時代の寵児と夭折の天才画家、美術史の驚くべき謎に迫る傑作長篇。
文藝春秋サイトより

【感想】
読みごたえがある本格ミステリーでした。
現代から、19世紀まで時間軸が飛び、オスカー・ワイルドビアズリービアズリーの姉メイベル、ワイルドの恋人ダグラスの四つどもえの愛憎関係が本当に素晴らしく舌を巻きました。
基本的に、メイベル視点で物語が進むのですが、メイベルから見たワイルドの姿の変遷、弟ビアズリーのイラストの成功と、身体の病み、ダグラスを利用したワイルドの失墜、など、メイベル自身が恣意的にワイルド、ビアズリー、ダグラスの運命をもてあそぶ悪女のようでした。
とくにワイルドとビアズリーが出会い、まるで二魂一体みたいな描かれ方をするのに、すれ違い、憎み合うという過程が丁寧に書かれていました。まぁ、憎み合う原因作るのメイベルですけど。
史実で互いのことがなぜ嫌いだったか、を説明するに余りある描かれ方でした。
面白かったです。