読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

黒博物館 スプリンガルド 感想

感想文

うしおととらのアニメ見てたら、藤田和日郎さんの漫画が読みたくなったので、『黒博物館 スプリンガルド/藤田和日郎/講談社モーニングコミックス』に手を出しました。 以下感想。

【あらすじ】 謎の怪人とおぞましき連続殺人、そしてある“片思い”——霧深き19世紀の倫敦(ロンドン)を大混乱に陥れた都市伝説を元に描く胸躍るゴシック活劇(アクション)!!  『うしおととら』『からくりサーカス』の藤田和日郎、新境地。 (黒博物館 スプリンガルド特設サイトより

【評価】 ★★★★☆

【感想】 こういうちょっと昏いけど、時に陽だまりのようなにおいもする、漫画大好きです。 ただ好きになったから、マーガレットを助けたいのではなくて、自分の思いを昇華してくれたからこそ、マーガレットを守りたいバネ男。 そういう人の心の描写が本当に藤田さんはうまいなぁと思います。 ちゃんと最後に悪が滅ぶのもいいです。勧善懲悪はなんだかんだ言って読んでいて安心します。 バネ男のその後の話も、面白いし。はい。 人のつながりっていいなぁと思った作品です。