紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

紅蓮坂の手前で

愛しのチェリーブロッサム、お元気ですか。
気が付けば、紅蓮坂ブルースの舞台観劇まで1週間を切っていました。
公式では新しい直江のお写真等公開され、
少しずつ、少しずつまた昭和を生きたあなたに会えるのだという
実感がわいてきました。

さて、紅蓮坂です。
苦しい、魂を抉る物語が待っています。
私はきっとはらはらしながら見守るのだと思います。
そして涙するかもしれません。
信長が憎くて、怨嗟の声を上げてしまうかも。

ああ、あなたと直江の悲しいまでの擦れ違いの物語を
この目に焼き付けるということは、
すごくつらくて、苦しいのですけれど。

あなたのことが、
直江のことが、
夜叉衆のことが好きだから、
最後までこの物語を見守りますね。

舞台を見たらまた感想を綴ります。
あなたに会えてよかったと、
心から喜べる舞台であったらなと思います。

trifle-stage.com