紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

四弦のエレジー(2)(3) 感想

そういえば、『四弦のエレジー(2)(3)/梅内創太/ゲッサン』を読んでいたので紹介。

 

四弦のエレジー 2 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)

四弦のエレジー 2 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)

 

 

四弦のエレジー 3 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)

四弦のエレジー 3 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)

 

 

【あらすじ】
ヴァイオリン超絶技巧大会。
ブロイアー家を憎む兄弟を相手に、
エンリコとアリョーシの真価が問われる…
激突・第2巻!!
小学館サイトより

音楽の都・パリへ到達し
作曲家・フォーレの洗礼を受けたアリョーシャ。
自分と同じ“音楽を視る"異能を持つ師の
圧倒的な技巧を「目の当たり」にし、
創作の幅を広げるため、自ら
大切な「相棒」から手を離す…!?
小学館サイトより

【評価】
★★★★☆

【感想】
2、3巻が出ていることをすっかり失念していて
偶然検索で見つけて買いました。
結果的には2~3巻まで一気に読めてよかったなと思います。

1巻で刺客かと思っていた二人組がよきライバルとして登場。
味方になってくれ(まあ途中で音楽で絶対負けられない強敵になりますが)
彼らがものすごく素敵な音楽を奏でたり、
(絵でそれが描かれるので、それはもう素敵な世界でしたよ)
自分の世界に閉じこもっていたアリョーシャが
スパイスのような刺激を受けて、急成長し、
音楽を作る。
個性的な先生(アリョーシャみたいに音楽を映像で見ることができる方です!)の
登場もあって、話がどんどん面白い方へ膨らみ、
4巻への期待が高まりました。

アリョーシャが作った音楽をエンリコがどんなふうに奏で、
どんな景色を見せてくれるのか今から楽しみです。