紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

三重県新宿区東九条ビリーアイリッシュ温泉口駅 徒歩5分 京都発表会 感想のようなもの

2021年9月19日12時30分、[倉田翠×飴屋法水]三重県新宿区東九条ビリーアイリッシュ温泉口駅 徒歩5分 京都発表会を見ました。

以下感想のようなもの。

kurata-ameya.studio.site

 

子のない親はいるかもしれないが、親のない子はいない。

映像と、宇山心奈のギターの生演奏、飴屋法水の語り、倉田翠のダンス、くるみのセリフで物語られるふしぎなパフォーマンスだった。
うらちゃんと呼ばれる、男性の人生が主軸に据えられ、うらちゃんと倉田さんが、飴屋家(?)の訪問映像、心奈さんとの曲の打ち合わせ映像、倉田さんの実家に飴屋法水とくるみさんの訪問映像、倉田家の食卓で、踊る倉田さんと窓から現れて倉田両親に語り掛ける飴屋法水と、私が生きている世界では起こりえないような映像と語りが続いていく。
うらちゃんは小学生の時に悲壮な(私から見れば)体験をし、屈折した思いを抱え、それを今回の映像で吐き出した。重く苦しいことを、軽く半分涙ぐみながら語れるという勇気がすごいと思った。
虚構か現実かは定かではない(それを一鑑賞者の私が判断することではないし、知る必要もない)が、
うらちゃんはその後、屈折な思いを持っていた父と同じごみ収集の仕事をするために何度も国家試験を受けて、合格し、平日はごみ収集の仕事をして、休日は映画を見た後にバーで酒を飲む。
結婚して、子供もいる。

 

暗い過去を背負ったかつて子供だったうらちゃんは、大人になって、結婚して、子供ができて、親になった。

演劇の主題としては凡庸だと思われるかもしれない。この一文だけ見れば、こんな普通の事を演劇にするのかと思う人もいるかもしれない。

それを、倉田翠と飴屋法水が舞台に仕立て上げた。
ラスト、私は涙ぐんだ。
それだけで十分ではないかと思う。

途中、倉田さんが、マクドに行けるかいけないかという話をした。
子どもの頃、別に親に言われたわけではないが、いい子であるために、マクドを敬遠し、大人になってからも敬遠してしまう。
私は、親からファーストフードは毒だと言われて育ったので(別にファーストフードを否定するわけではない)、わかるな、と思った。

個人的に、飴屋法水さんを想う時、どうしても東京グランギニョルの文脈を求めてしまうのだけれども、それを想うのは、なんだか私の身勝手な気がしたし、今目の前でパフォーマンスする今の飴屋法水のすごさ、というものを体感できて、いいパフォーマンスだったなと思った。

 

八雲百怪5巻(完結巻)2021年10月4日発売!

お久しぶりです。元気にしております。

さて、表題の通り、八雲百怪の5巻(完結巻)が10月4日に発売とのことです

 

 雑誌で追っていた話が遂に完結! 感無量です。

でもこれで、昭和偽史三部作が終わったと思うとさびしいですね。

北神伝奇(木島日記)満州編が読みたかった…

 

ともあれ、10月の楽しみが増えました。ありがとうございます。
(漫画が出ますので、あらすじの記事は削除いたしました)

落ち着いてきた

人間ドックの再検査は異常なしで、経過観察が12月に。もう年末の話かとびっくりしております。
強度なストレスのもとになっていた仕事も、ひと段落して、体調を少しずつ立て直しています。
最近は何を好きになっても長続きせず、生きているのが若干つらいです。休みの日に天井を眺めるしかないという話を嗤っていましたが、嗤えなくなってきました。
なんだろう、私という人間の終わりなのかもしれません。

 

強度の精神破綻により、ある作家を応援できなくなりましたが、迷惑かけるぐらいなら(私が)消えたほうが良かったので、ファンの方々と楽しくすごされていたらいいなと思います。はい。

 

自分の生きる指標の一つだった、小説の登場人物の年齢を遙かに越え、もはや何を指標として生きていいのかわかりません。生きていてもいいのかもわかりません。砂を吐くような人生です。あとどれだけ、生きたらいいんでしょうね。

 

欲しいと思ってい手に入れたものが欲しくなかったり、その時は欲しいと思うのに、キャンセルしたり、自分が本当は何が欲しいのかわからない。
エネルギーが切れているらしいのですが、エネルギーのチャージ方法がよくわかりません。

 

なんだか愚痴っぽくなりました。今は何となく生きています。先のことはわかりません。つながってるコミュニティが絶えたら、私の本当の終わりかもしれない。そんなことを思う日々です。

お久しぶりです

4月にブログ書いてから放置プレイが過ぎました。
お元気ですか。
私は人間ドックに引っかかりました。
人生生きているといろいろありますが、
まさか引っかかるとは…。
再検査で何も出ないことを祈ります。はい。

3月から仕事で過度のストレス、

帯状疱疹や体重減、睡眠障害など散々でしたが
ここ1週間は落ち着いてきたので、
まあ何が良かったかはわかりませんが、
細く長くいきれたらなと思います。はい。

 

 

エネルギー不足を補充したのは萌えだった

3月下旬から4月にかけて、血圧が150こえたり、めまいを引き起こして、通勤が苦しかったりなんだろうなーと思っていたのですが、
持病の過敏症がエネルギー不足で悪化していたらしく、変に感度が上がったために、主に視覚と聴覚からの情報を能が処理しづらくなっていて、スーパーなんぞに入ったものならば足がすくんで動けなくなったりしていた。
私の脳のCPUパンク寸前だったのか。
主治医によると、エネルギー不足なので、エネルギーを補充したらいいですよと言われたのですが、エネルギーが栄養なのか、休息なのか、はたまた何かしら熱中するものなのかわからないでいたんですね。
ちょうどそのころ、見るだけ見ていた魔道祖師というアニメがありまして、いろいろ設定が消化できなかったところに、ツイッターのフォロウィーさんに魔道祖師アニメがある程度見られたなら、ドラマ版の陳情令がおすすめですよという言葉をいただきました。
で、U-NEXT入るの面倒くさかったので、楽天TVでパック買いしたんですね。で、手元のIpadで見ているんですが、アニメより数段話が分かりやすく、なにより、忘機役の方の感情を抑えた演技と、役者の顔と素顔のギャップの激しさにときめきまして(役では全然笑ったりしないんですが、メイキング映像ではにこやかに魏無羨役の方を戦兄と呼んできゃいきゃいしてるのかわいすぎか)、絶賛毎晩陳情令祭りです。
やっと昨晩39話迄来まして、いろいろ明かされてきて、わっしょい!

同時に、36話のデート回と呼ばれる話がツボ過ぎて、久しぶりにpixivに二次創作投稿したり、他の方の創作を心をウキウキ躍らせながら、見ていたり。いやー、推しがいるって素晴らしい。萌えが補充されると生き生きしてくる。
とうわけで、エネルギー不足を補ったのはどうやら萌えのようでした。
早く完走して、pixivのタグ漁りに行きたいです。
(でも完走したら寂しくなるから、早く原作小説の日本語版出てほしいなぁ…)

 

オタクはいつになってもオタクだなと思いました。はい。

 

北神伝綺の続編原稿があるらしい

ツイッター大塚英志先生が

 という発言をしていて、原稿あるんやー! KADOKAWAさま、何卒書籍化を―! ってなってます。あと、MADARAの続きどうなった。

Artiste(さもえど太郎) 感想

ツイッターのCMでちょいちょい見かけた『Artiste 』という漫画が面白かったので、一気読みしました。

パリの有名レストランで、皿洗いをしていたかなり間の抜けたおっちょこちょいジルベールが主人公。
動物並みの嗅覚と味覚を持っていて、実はスーパー料理人だったのです。
皿洗い仲間のおせっかいで(いい意味です)
スカウトされ、違う店で働くようになったジルベール
その店の副支配人の立場となり、超絶苦手な人間関係を攻略することに。
前途多難と思われましたが、お店のスタッフのそれぞれの意見を聞くことにより、相手を理解し、また相手に理解され、良好な関係を少しずつ築いていきます。
また、お店が変わった時に引っ越した先のアパートは芸術家が集うアパートで、皆が一癖あり、それぞれの課題を抱えていますが、みんないい人で、アパートメンバーについても描かれています。料理漫画というより、人間ドラマを見ている感じです。
ジルベールを軸に、それぞれの登場人物の背景を丹念に描いていくさまは見事だなぁと。
久しぶりに何度も何度も読み返すいい漫画に出会いました。
巻が進むにつれいろいろ明らかになりますが、はじめて働いたレストランのシェフが今のジルベールのオーナーに、ジルベールを手放したけれど、貸しているだけだという発言をしていて、お、なんか動き出したぞって感じです。どうなりますことやら。
7巻も楽しみです。
(エルザ恋頑張って。マルコさんの過去が気になります…)