紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

五條瑛『パーフェクト・クオーツ』小学館文庫 感想

五條瑛『パーフェクト・クオーツ』小学館文庫 感想を。 

パーフェクト・クオーツ 北の水晶 (小学館文庫 ご 26-4)
 

 【あらすじ】

日本と北朝鮮、二つの国に二人の子を遺して男は死んだ。
米国国防総省ペンタゴン)直轄の情報機関に所属する葉山隆(はやまたかし)の元に、男から52本もの古いカセット・テープが届く。
録音されていたのは男の告白。北の情報機関〈三号庁舎〉の一員として知るかぎりのすべてを語った内容だった。
その中で、北の完璧なるスパイ“石英(ソギョン)"の存在が明かされる。そして大がかりな情報網を統べるというもう一人の大物スパイ“カタツムリ"。

北が作った精巧な偽ドル紙幣“スーパーK"の流通を阻止しようと米韓合同で行われたソウルでの摘発作戦は、米韓に多数の死者を出すというさんざんな結果に終わったが(前作)、その原因は、米韓の情報網に開いた巨大な穴からの情報漏洩だったという。
葉山はその巨大な穴に、石英とカタツムリが関与していると見て、調査を始める。

一方、米日の経済制裁に反発して、北朝鮮は突然、国境近くの経済特別区・開城(ケソン)工業団地を封鎖した。
巨額の投資をしていた京星(キョンソン)グループの代表・重貞高平(しげさだたかひら)は、一千億ウォンに及ぶ損失を取り返すべく、米日にある取引を持ちかける。
その内容とは、北の後継者の一人だった“ヨハン"亡命の手引きだった。
ヨハンは、北朝鮮が国を挙げてアメリカを標的とする大量殺戮兵器を開発しているという確実な証拠を握っていた――。

「他の血を残しておけば、それは必ずや新たな災いを呼び起こす。誰かがその血を利用しようとするからだ」
日本人の想像を絶する北朝鮮という国の実態。
米韓の隙を突いてマレーシアの空港で起こる“ヨハン"暗殺事件。そして切り札をなくした取引の行方は?

小学館文庫より

 

【感想】

待望の、鉱物シリーズ第3作。
2作目登場以後、番外編が多く出ましたが、やっと本編の続きを読むことができました。令和ありがとうございます。
スパイ小説というより、推理ものを読んでいる感じで、主人公葉山隆が、前作に出てきたスパイ・チョンから残されたテープをもとに、北のカタツムリというスパイについて、調べていく過程で、謎を多き葉山の父についての話が出てきたり、韓国財閥の社長から持ち込まれた、北の前指導者の息子ヨハンの亡命話に身を投じたりと、物語が大きく動くのを感じました。
北の前指導者の息子は史実でも暗殺されていますが(ついこないだのようでもう結構時間が経ちました)、その背景にどんな陰謀が動いていたかを、元防衛庁情報・調査専門職であった作者の観点から分析され、物語になっており、それが的外れでも何でもないところが、やはり、情報を扱う方の未来予測力のすごさというか、そういう思考のプロセスに至れることに感心します。

物語は、このパーフェクト・クオーツと対をなす『碧き鮫は野に放たれ』そして、半島編4部作の最終巻『猫目石』へと続くそうです。謎多き、葉山の父のなぞ、葉山に美しい容貌を残した謎多き母について語られる日は来るのでしょうか。

作者はあとがきで、物語を出版することは、棺桶を開く行為だったと述べていますが、こんなにも私の心を震わす物語が、棺桶にしまわれているのは、もったいない。ぜひ、小学館様に頑張っていただいて、先に述べた2作と、できればシリーズ第1作『プラチナ・ビーズ』を小学館文庫様の形式で全巻揃えたい…! という御恐れた夢を見ております。

 

最近嬉しいこと

最近嬉しいこと。
なんと夢幻紳士がミステリマガジンで連載開始!
マッチ売りの少女はそういう切り口で来るのかと、
何度も読み返しました。
おすすめです。 

ミステリマガジン 2020年 07 月号 [雑誌]

ミステリマガジン 2020年 07 月号 [雑誌]

  • 発売日: 2020/06/25
  • メディア: 雑誌
 

 2話目は、人魚姫だそうで、
これも一筋縄ではいかなさそう。楽しみ。

 

ミステリマガジン 2020年 09 月号 [雑誌]

ミステリマガジン 2020年 09 月号 [雑誌]

  • 発売日: 2020/07/22
  • メディア: 雑誌
 

 

五條瑛先生鉱物シリーズ第3作『パーフェクト・クオーツ 北の水晶』小学館文庫より2020年8月5日発売!

お久しぶりです。
五條瑛先生の著作チェックでこのブログを見に来ている方に朗報です!

note版、オンデマンド版とでていた、幻の鉱物シリーズ(実質)第3作『パーフェクト・クオーツ 北の水晶』が小学館文庫様より、2020年8月5日発売決定!

 

あらすじは

北の後継者暗殺の裏側を描いた衝撃作!
読書メーターなど、ネット・レビューでも「名作」と賞される大藪春彦賞受賞作『スリー・アゲーツ』に続く、待望のシリーズ最新作!

日本と北朝鮮、二つの国に二人の子を遺して男は死んだ。
米国国防総省ペンタゴン)直轄の情報機関に所属する葉山隆(はやまたかし)の元に、男から52本もの古いカセット・テープが届く。
録音されていたのは男の告白。北の情報機関〈三号庁舎〉の一員として知るかぎりのすべてを語った内容だった。
その中で、北の完璧なるスパイ“石英(ソギョン)"の存在が明かされる。そして大がかりな情報網を統べるというもう一人の大物スパイ“カタツムリ"。

北が作った精巧な偽ドル紙幣“スーパーK"の流通を阻止しようと米韓合同で行われたソウルでの摘発作戦は、米韓に多数の死者を出すというさんざんな結果に終わったが(前作)、その原因は、米韓の情報網に開いた巨大な穴からの情報漏洩だったという。
葉山はその巨大な穴に、石英とカタツムリが関与していると見て、調査を始める。

一方、米日の経済制裁に反発して、北朝鮮は突然、国境近くの経済特別区・開城(ケソン)工業団地を封鎖した。
巨額の投資をしていた京星(キョンソン)グループの代表・重貞高平(しげさだたかひら)は、一千億ウォンに及ぶ損失を取り返すべく、米日にある取引を持ちかける。
その内容とは、北の後継者の一人だった“ヨハン"亡命の手引きだった。
ヨハンは、北朝鮮が国を挙げてアメリカを標的とする大量殺戮兵器を開発しているという確実な証拠を握っていた――。

「他の血を残しておけば、それは必ずや新たな災いを呼び起こす。誰かがその血を利用しようとするからだ」
日本人の想像を絶する北朝鮮という国の実態。
米韓の隙を突いてマレーシアの空港で起こる“ヨハン"暗殺事件。そして切り札をなくした取引の行方は?

小学館サイトより

 

個人出版の時よりお安く、さらに校正もかかった状態での発行ですので、やはり商業出版はありがたいですね。
『パーフェクト・クオーツ』が売れて、その先の物語も発売されるといいですね。
取りあえず、2020年8月5日は書店へGO! です!

 

 

 

パーフェクト・クオーツ 北の水晶

パーフェクト・クオーツ 北の水晶

  • 作者:五條 瑛
  • 発売日: 2020/08/05
  • メディア: 文庫
 

 

水だしバラ茶がおいしい季節

暑さマシマシで、いろいろ躰しんどいんですが、
気分だけでもリフレッシュしようと、
この夏、水だしバラ茶を導入することにしました。


 

茶葉2グラムをハリオの水出汁ボトルに入れて、水を注ぎ、
一晩冷蔵庫で冷やすだけ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HARIO (ハリオ) フィルターインボトル ミニ 300ml レッド FIB-30-R
価格:1276円(税込、送料別) (2020/6/15時点)

楽天で購入

 

ずぼらな私でもおいしいく楽にバラ茶が楽しめます。

バラの香りと、程よい甘みとこの夏むっちゃおすすめです。

鵠が音 短歌読んだら切なかった話

このブログでも時々取り上げている「藤井/折口春洋」さんですが、
コロナ禍で、出かけられない日々の中、資料を読み返してました。
んで、そういえば、短歌をちゃんと理解できないから鵠が音の短歌部分はサラーと読んで、島の便りばっかり泣きながら読んでいた自分を恥じ、
短歌も(理解できないなりに)ちゃんと読んでみようと思い、読み始めたら、生活のことをいろいろ書いてあってとても興味深い。

タバコ吸ってたんだとか、お父さんを15歳でなくしてたんだとか、お姉さんも早くになくし、残された甥っ子に気遣ていたけれど、月日が経ったら自分より先に甥っ子が出征しちゃったり、切ない。
あと、折口信夫に連れられてだと思うのですが、いろんなところに民俗採集にいっていて、その地で読んだ歌がこれまた興味深い。
桜の頃の吉野に行きたくなってしまいました。はい。

 

ちゃんと本読むのたいせつですね。

本好きの下剋上にはまる

何をしていたわけでもなく、ブログがひと月飛びました。
皆様お元気でいらっしゃいますか。

5月はたまたま見たアニメ「本好きの下剋上」にうっかりはまり、amazonプライムで一気見した後、TOブックスで全巻本を取り寄せ、それ以降の話は小説家になろうサイトでちまちま読んでました。
私のゴールデンウィーク本好きの下剋上一色。読み終われるかとドキドキしましたよ(スマホで読んでいたから目がおろおろしたよ)。

 

本が高価で平民では手が出せない世界に転生した本好きの主人公が、本がなければ作ればいいじゃないといろいろ奮闘していくうちに、いろんな人々(神々含む)に出会い成長していく物語。
基本テーマは、「家族」ではないかなと思います。
あと、貴族編以降になると、恋愛話もあるのですが、この世界の恋愛の表現方法が婉曲で、ドストレートでなくて、そこがまた乙でした。
最後はハッピーエンドなので、とりあえず、書籍で加筆修正された状態で、最後まで読み進めたいです。

 

ところでなんで好きになるヒーローポジションキャラは速水奨さんの声帯をおもちなんですかね...

 

 

『Dr.キリコ~白い死神』で、キリコにメロメロになる

Dr.キリコを求めてamazonさまよっていたら、『Dr.キリコ~白い死神』という漫画に出会い、いそいそとKindleで読みました。

いや、キリコ格好良くない?
見た目もそうなんですが(現代漫画風にイケメン化)、安楽死3か条を守らないと安楽死させないとか、安楽死させたつもりでさせてないとか、人間臭くて格好いいです。

こんなに素敵な人だったの、キリコ…といまさらながらキリコの魅力に取りつかれています。
キリコ、妹がいるのね…近いうちに本編読み返して確認するから…。
取りあえず当分キリコ沼です。
(アニメのキリコの声優が、速水奨さんだったり田中秀幸さんだったりでさらにときめく)

 

Dr.キリコ ~白い死神~ コミック 全5巻セット

Dr.キリコ ~白い死神~ コミック 全5巻セット

  • 発売日: 2019/01/18
  • メディア: