紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

感想文

最後の晩ごはん1 感想

母が「最後の晩ごはん」というドラマを見ていまして、(主人公のカイリ君、中村君で電王懐かしいってなりました)その元が本だと知って、いそいそと書店に買いに行きました。作者、奇談シリーズの椹野道流さんじゃないですか。とても懐かしい…。ということで…

『天使』須永朝彦著  感想

『天使/須永朝彦/国書刊行会』の感想を。 【内容紹介】耽美小説の聖典として名高い蠱惑の短篇19編とあやかしの4つのメルヘンを収録。天使と吸血鬼の美しい物語。「就眠儀式」「笛吹童子」「契」「花刑」「木犀館殺人事件」ほか。(国書刊行会サイトより)…

amazonプライムさんで「少女革命ウテナ」を見ていました

特に本も読まずに過ごしていたのですが、その間、amazonプライムさんで「少女革命ウテナ」を見ていました。確かリアルタイム時は、中学生で話の内容がちんぷんかんぷん。後半になると肌色というかエロスが濃くなって、ちゃんと見ませんでした。 で、なぜか舞…

雪と松 2巻 感想

年末に購入していたのをようやく読みました『雪と松 2巻/高橋秀武/集英社』。 雪と松 2 (ドットブルームコミックスDIGITAL) 作者: 高橋秀武 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2017/12/25 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 電子書籍で雑誌を読…

炎の蜃気楼散華行ブルース ありがとうございました!(ネタバレ感想)

27年続いた炎の蜃気楼シリーズが炎の蜃気楼昭和編散華行ブルースをもって環結しました。(ここからはネタバレを多く含みますのでご注意ください)完結でなく、環結なのは、昭和編のラストが信長と景虎のバトルでおしまい、ではなく、景虎様が様々な使命と思…

DESTINY 鎌倉ものがたり 感想

DESTINY 鎌倉ものがたりの映画を見ました。以下、まとめ程度の感想。 kamakura-movie.jp 前半、一色夫婦が新婚であつあつで、胸焼けすると思ったのですが、その間に、あらゆる伏線がばらまかれていてですね、後半はそれの回収だったわけですが、どの伏線も取…

『カイと怪獣のタネ』 感想

『カイと怪獣のタネ』の感想を。 www.comic-ryu.jp ひらりんさんのセンスが好きで(ギャグ含む)、サイチョコ、三つ目の夢二、ヨヨとネネシリーズなど楽しく読んでいたのですが、今回の『カイと怪獣のタネ』も面白く拝見しました。怪獣が卵から生まれたり、…

アカネヒメ物語 感想

アカネヒメ物語 (徳間文庫) 作者: 村山早紀 出版社/メーカー: 徳間書店 発売日: 2017/12/01 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 上手く感想を書こうと思うのに、言葉が出てこない。この物語は、とても温かくて、優しくて、切なくて、悲しくて、そし…

Thunderbolt Fantasy 生死一劍 感想

Thunderbolt Fantasy 生死一劍見てきました。のでメモ程度の感想。 www.thunderboltfantasy.com 外伝は、セツムショウが可哀想で可哀想で。生まれた時、母が死に、鳥がぎゃあぎゃあ鳴いて不吉だからと産婆たちが殺し合うってどういう生まれだ…。そして父に捨…

サロメ/原田マハ 感想

『サロメ/原田マハ/文藝春秋』の感想を。 サロメ 作者: 原田マハ 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2017/01/16 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (5件) を見る 【あらすじ】現代のロンドン。日本からビクトリア・アルバート美術館に派遣されている客…

小説家・裏雅の気ままな探偵稼業 感想

『小説家・裏雅の気ままな探偵稼業/集英社オレンジ文庫/丸木文華』の感想を。 小説家・裏雅の気ままな探偵稼業 (オレンジ文庫) 作者: 丸木文華,笠井あゆみ 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2017/11/17 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 【あらす…

来世は他人がいい1 感想

『来世は他人がいい/小西 明日翔/アフタヌーンKC』の感想を。 来世は他人がいい(1) (アフタヌーンKC) 作者: 小西明日翔 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/11/22 メディア: コミック この商品を含むブログを見る 【あらすじ】極道の家で生まれ育った女子…

映画「KUBO 二本の弦の秘密」 感想

映画「KUBO 二本の弦の秘密」を見ました。以下ネタバレしているので、ご注意ください。 gaga.ne.jp 去年トレーラーを見た時から気になっていたので見られて良かったです。 お話は月の帝に片目を奪われた赤子のKUBOを連れて、母が帝のもとから逃げるところか…

はいからさんが通る 前編 感想

haikarasan.net 劇場版はいからさんが通るを見ました。はっきり言って、むちゃくちゃ良い出来でした。少尉失踪~紅緒が鬼島に会いに行くまでは駆け足でしたが、1時間半にすっきりまとまっていて、後編も楽しみになったやつです。はい。 あと、前アニメのテー…

まんがでわかるまんがの歴史 が興味深かったです

まんがでわかるまんがの歴史 (単行本コミックス) 作者: ひらりん,大塚英志 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/11/04 メディア: コミック この商品を含むブログを見る 日本の漫画の歴史がわかって面白い。やっぱり手塚治虫は漫画界の神なんだなと改めて…

木島日記もどき開口  感想

木島日記もどき開口読みました。 木島日記 もどき開口 作者: 大塚英志 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/11/02 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る いやー大ボリューム。雑誌掲載が長かったので、どれだけでくるの?と思ったら本当に大ボリ…

たそがれの市 あの世お伽話 感想

『たそがれの市 あの世お伽話/近藤ようこ/角川書店』の感想を。 たそがれの市 あの世お伽話 作者: 近藤ようこ 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/10/28 メディア: コミック この商品を含むブログ (1件) を見る 【あらすじ】死ぬと最初にたどり着くさび…

百貨の魔法 感想

百貨の魔法読了しました。 ざっくりいうと、村山早紀先生おなじみ、風早の街の、戦後から続く老舗百貨店「星野百貨店」を舞台にした、奇跡と魔法の物語です。奇跡や魔法? と思われるかもしれませんが、村山先生の奇跡や魔法というのはいわゆるファンタジーで…

ファタモルガーナの館の漫画が完結

ファタモルガーナの館の漫画が完結してしまいました!一体どこまで話をするのだろうと思ったら、ミシェルとジゼルの過去話まででした。ミシェルの体の秘密や原初のモルガーナの話まで行かなくて残念。 続きは小説orゲームで! ということでしょうか。兼宗さ…

炎の蜃気楼昭和編 舞台 紅蓮坂ブルース感想

2017年10月14日マチネ、15日マチネで、炎の蜃気楼昭和編舞台紅蓮坂ブルースを見ました。以下まとめ。順不同・紅蓮坂いうよりは、無頼星+悲願橋+紅蓮坂 ・直江の伸ばした手は、相変わらず届かない ・高坂のマントの裏地がチラッチラッと見えて可愛い(青緑?…

プリズンホテルドラマの前に、『プリズンホテル 夏』を読みました

懐かしのプリズンホテルがドラマ化するということで、 www.bs-j.co.jp 書店に平積みしてあった『プリズンホテル夏』を買ってしまいました。 プリズンホテル〈1〉夏 (集英社文庫) 作者: 浅田次郎 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2001/06/01 メディア: 文庫 …

9月読んだ本まとめ。

感想が全然かけてないですが、Kindleでポチポチ本を買って読んでました。リストで紹介(シリーズは読んでいたウチの1冊紹介) 千歳ヲチコチ (1) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) 作者: D.キッサン 出版社/メーカー: 一迅社 発売日: 2011/09/24 メディア: …

2017年9月24日は、bullionさん展示会「Foggy Circus」に伺いました。

2017年9月24日は、bullionさん展示会「Foggy Circus」に伺いました。実は花巻帰りで、大荷物でうかがうことに(^^;) 出迎えてくれたデザイナーのJIJIさんは、髪形から靴先まで、完璧なコーディネートで、心が高鳴りました。私はいつもわちゃっと着てしまう…

飴屋法水『彼の娘』 感想

飴屋法水『彼の娘』を読んだ。飴屋さんは知る人ぞ知る東京グランギニョルの主宰で、超絶美青年で(コシノミハルの野バラの動画を見てくれ)変わった経歴の持ち主で(知りたいなら調べるといいです)娘さんの存在もなんだか不思議な感じだ。 飴屋さんであろう…

四弦のエレジー5 感想

さり気に続きが出るのをワクワクしながら待っていた四弦のエレジーですが、5巻で完結していました。わお。 四弦のエレジー 5 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル) 作者: 梅内創太 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2017/01/12 メディア: コミック こ…

神様の御用人7巻  感想

神様の御用人7巻の感想を。 神様の御用人7 (メディアワークス文庫) 作者: 浅葉なつ 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/08/25 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 【あらすじ】朝を迎えるごとに記憶を失ってしまう月読命(つくよみのみこと)。…

闇の土鬼 感想

ツイッターでおススメされているのを見て、読んでみました『闇の土鬼 』。 完全版 闇の土鬼 上 (復刻名作漫画シリーズ) 作者: 横山光輝 出版社/メーカー: 小学館クリエイティブ 発売日: 2013/12/03 メディア: コミック この商品を含むブログを見る 完全版 闇…

富江 感想

『富江 上・下』の感想を。 伊藤潤二傑作集 1 富江 上 (朝日コミックス) 作者: 伊藤潤二 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2011/01/20 メディア: コミック 購入: 3人 クリック: 18回 この商品を含むブログ (8件) を見る 伊藤潤二傑作集 2 富江 下 (朝…

死役所9 感想

『死役所9』の感想を。 死役所 9巻 (バンチコミックス) 作者: あずみきし 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2017/08/09 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 今回はシ村さんやほかの職員たちの過去等に触れず、たんたんと死者がなぜ、死者になっ…

SILT公演「セロが見た世界」感想

2017年8月5日は、SILT神戸公演「セロが見た世界」を見にきました。新神戸に降り立ったのは生まれて初めてではないかと思います。はい。 サンドアートと、音楽が融合したすばらしい舞台で、劇パートも若干あるのですが、一番最初の物語説明以外、全て無言。で…