紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

『31番目のお妃様/桃巴/ビーズログ文庫』感想

『31番目のお妃様/桃巴/ビーズログ文庫』の感想を

 

 【あらすじ】
辺境領主の妹フェリアに降ってきたのは、マクロン王の31番目のお妃様(候補)に選ばれたという話!
……って3カ月に一度しか王のお越しがない『貧乏くじ』のお妃様かーい!!
「まぁどうでもいいわ」と畑を耕し始めたフェリアだったが、初対面でマクロンと恋に落ち、『31番目』なことが最大の障壁になって!?
規格外妃の爽快&痛快! 成り上がり邁進劇!!
ビーズログ文庫サイトより

【感想】
妃選びの末席をうめるために、田舎からやってきた辺境領主の妹フェリアが、そのたくましさと器量良さで、警備の兵士の心を奪い、王の関心を買うという、大逆転恋愛ものなんでしょうか。
とりあえず、主人公がたくましくて、嫌味がなくて、強くて、読んでいて安心というか。2巻以降にわかるんですが、頭の回転もよく、王妃になるためにふさわしい度量と教養と武術も身に着けていて、最強だなと思いました。
まだまだ波乱在りそうですが、安心して見守ることのできる主人公たちが好きです。はい。