紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

銀河鉄道の父 感想

銀河鉄道の父/門井 慶喜/講談社』の感想を。


【あらすじ】
明治29年(1896年)、岩手県花巻に生まれた宮沢賢治は、昭和8年(1933年)に亡くなるまで、主に東京と花巻を行き来しながら多数の詩や童話を創作した。
賢治の生家は祖父の代から富裕な質屋であり、長男である彼は本来なら家を継ぐ立場だが、賢治は学問の道を進み、後には教師や技師として地元に貢献しながら、創作に情熱を注ぎ続けた。
地元の名士であり、熱心な浄土真宗信者でもあった賢治の父・政次郎は、このユニークな息子をいかに育て上げたのか。
父の信念とは異なる信仰への目覚めや最愛の妹トシとの死別など、決して長くはないが紆余曲折に満ちた宮沢賢治の生涯を、父・政次郎の視点から描く、気鋭作家の意欲作。
講談社BOOK倶楽部より

【感想】
宮沢賢治の駄目っぷりがよく伝わる本でした。
代わりに、今まで頑固一徹で賢治を理解しようとしない父と思っていましたが、そんなことはなく、とても愛情深いお父さんでした。
厳格な父であるために、感情を押し殺して、賢治に接すのだけれど、心の声がきちんと書いてるので、その行動や言葉の裏側に秘められた息子への愛情がそこはかとなくにじみ出ていて、良い…となりました。
今でこそ、聖人のように祭り上げられている、賢治ですが、そんなことはなく、父に対して屈折した姿、父を乗り越えようとあがいた姿など、人間的に描かれていてよかったと思います。
父・政次郎が主役なので、トシさんや賢治の出来事などはさらっと描かれている程度ですので、この本で、賢治の一生に興味を抱いた人は伝記でも何でもいいので、賢治の一生を見てくれたらいいなと思います。
宮沢賢治のキャンパスライフ、アザリアは楽しいですぞ…)

 

銀河鉄道の父

銀河鉄道の父