紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

神様の御用人が完結してた

本屋が近くになくなって、書店の本棚を舐めるように見るという習慣がなくなったとたん、本との出会いも減るわけで。
神様の御用人が完結していたことに気が付きませんでした。

 

神様の御用人10 (メディアワークス文庫)

神様の御用人10 (メディアワークス文庫)

 

 いやー、最後の回は阿弖流為で東北かと、思ったら神様がじゃんじゃん出てきて、この神様誰だっけとなりました。
相変わらずしっかり調べて書かれているなぁと。
良彦さんの名前にもちゃんと意味があって、伏線回収率のすごさに、最近の作家さんとしてはすごい部類に入るのではないでしょうか。
結果論として、黄金が元(?)に戻り、良彦も将来設計が出来たことで、丸く収まったなぁと。
いろんな神様の話に泣かされてきましたが、最後もハッピーエンドでよかったです。はい。