紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

五條瑛先生の新刊まとめ~鉱物シリーズを中心に

国際謀略小説の名手、五條瑛先生最近の出版まとめ。

スリー・アゲーツ 

ここ最近といっても2年前か。
しかも、プラチナビーズからはじまる鉱物シリーズ第2弾が何故か突然復刻。
表紙は大好き森美夏先生。できるなら、プラチナビーズから復刊してほしかったです、小学館さま。

スリー・アゲーツ 上: 二つの家族 (小学館文庫)

スリー・アゲーツ 上: 二つの家族 (小学館文庫)

 

 

スリー・アゲーツ 下: 二つの家族 (小学館文庫)

スリー・アゲーツ 下: 二つの家族 (小学館文庫)

 

スパイは楽園に戯れる 

鉱物シリーズ3作目。在日米軍情報アナリスト・葉山隆は、聞き取り調査の中から北朝鮮に関する有力な人物“ヨハン”について調べていた。
同じころ、スパイ対策の法案についてのテレビ討論があり、その番組に映し出されたスパイと思われる女性の殺人事件が起こる。
有望な政治家涌井は、かつて自分に教示を与えた男が誰なのか中華文化思想研究所所長 仲上孔兵に調査を依頼した。それが自身の悲劇を生むとは知らずに。

スパイは楽園に戯れる (双葉文庫)

スパイは楽園に戯れる (双葉文庫)

 

 

星条旗の憂鬱

kindleで先生が個人出版していた作品がまとまり、連作短編集になったもの。個人出版→商業の流れに、文芸社さんありがとうってなりました。
鉱物シリーズ短編集。葉山のほかに、おなじみのエディや坂下、JDなんかもでてくる。そしてラストのサーシャおまえ! ってなりますよね・・。

星条旗の憂鬱 情報分析官・葉山隆 (文芸社文庫)
 

 焦土の鷲

厳密にいうと、鉱物シリーズではないのですが、この作品に出てくるスパイ「リオン」が実は鉱物シリーズ葉山の謎多き父・ミスターオリエンタルの大叔父さんだったことが先生のnote(だったかな。削除済み)で明らかになりました。
戦後GHQ支配下の日本で、歌舞伎の復興を目指す兄弟と、スパイたちの暗躍を骨太に描いた作品。 

焦土の鷲 イエロー・イーグル (徳間文庫)

焦土の鷲 イエロー・イーグル (徳間文庫)

 
2020年7月1日追記、
そしてそして、2020年8月5日には、鉱物シリーズ(実質的)第3作『パーフェクト・クォーツ 北の水晶』が小学館文庫様より刊行!

 鉱物シリーズ第3弾『パーフェクト・クオーツ 北の水晶』

パーフェクト・クオーツ 北の水晶

パーフェクト・クオーツ 北の水晶

  • 作者:五條 瑛
  • 発売日: 2020/08/05
  • メディア: 文庫
 

 

note版、オンデマンド版を見逃したあなた! 読むチャンスです。詳しくは、下の記事に

 

hongbaoshiboy.hateblo.jp