紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

桜風堂物語星をつなぐ手  感想

『桜風堂物語星をつなぐ手/村山早紀/PHP研究所』の感想を

 

星をつなぐ手 桜風堂ものがたり

星をつなぐ手 桜風堂ものがたり

 

 

【あらすじ】
田舎町の本屋と、ある書店員の身に起こった奇跡を描き、全国書店員の共感を集め、2017年本屋大賞5位になった『桜風堂ものがたり』。その続編の登場です!
郊外の桜野町にある桜風堂書店を託され、昔の仲間たちとともに『四月の魚』をヒット作に導いた月原一整。しかし地方の小さな書店であるだけに、人気作の配本がない、出版の営業も相手にしてくれない、という困難を抱えることになる。そんな折、昔在籍していた銀河堂書店のオーナーから呼び出される。そのオーナーが持ちかけた意外な提案とは。そして一整がその誠実な仕事によって築き上げてきた人と人とのつながりが新たな展開を呼び、そして桜野町に住む桜風堂書店を愛する人たちが集い、冬の「星祭り」の日に、ふたたび優しい奇跡を巻き起こす。
今回も涙は流れるかもしれません。しかし、やはり悲しい涙ではありません!
PHP研究所サイトより

【感想】
町の小さな本屋がどんどん閉鎖している、その実情を物語という形で問題提起した話だなと思います。

最近は本を買うのがamazon派でしたが、このお話を読むと、やはり書店で買わないとなぁという気になるのですが、町の小さい本屋では、希望する配本がなかったり、予約していても発売日に配本がなかったりするジレンマがあります。(あと最近体がしんどくて書店に行く元気がありません、しっかりしろ自分)。

けれど、桜風堂書店には希望が集まってきます。
百貨店オーナーの粋な計らいで、配本がくるようになったり、有名作家のサイン会ができたり(それも主人公の人となりのおかげで)、書店を手伝いたいと手を挙げる人が出てきたり。

風早の街にたどり着く人たちは、どこかに傷を負っていて、けれど元はみんなとてもやさしいから、風早の街の優しさに触れて、完全に癒されたわけではないんだけれど、町のために、人のために何かしたいと願い勇気を振り絞る人たちが多くて、本当に涙が出ます。
善い行いの人々のところには、善い行いの人々が集う。そして優しく温かなムーブメントが起きる。まるで魔法のように。

これは村山先生が、現実に起こってほしい願いなのかもしれません。先生も、書店応援で沢山頑張ってくださっていますから。書店を応援し、読者に感謝を述べ、(個人的な思いですが)なかなかできないと思います。すごい方だなぁといつも感心します。

力強い味方を得た、桜風堂書店、これからどうなっていくのでしょうか。月原の(まだ意識していない)恋の行方、渚砂の思いの行方は…? 気になるのでぜひ続編が出てくれますように。