紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

『カイと怪獣のタネ』 感想

『カイと怪獣のタネ』の感想を。

www.comic-ryu.jp


ひらりんさんのセンスが好きで(ギャグ含む)、
サイチョコ、三つ目の夢二、ヨヨとネネシリーズなど楽しく読んでいたのですが、
今回の『カイと怪獣のタネ』も面白く拝見しました。
怪獣が卵から生まれたり、ラピュタかと思わせる天空の怪獣の楽園、怪獣同士のバトルなど、いやこれ映像で見たいやつです。はい。
まさかの主人公「カイ」が怪獣のたまごから生まれたという設定もありがちなんだけれど、面白い。
あと、バトルシーンの構図が躍動感あっていいですね。
まさかの怪獣少女も出てきての、2巻に続くということで、
続きも楽しみです。
(「怪獣ワールド」のドードーさんがどうみてもサ〇コの笹山さんなんですけれど、そこは突っ込んでいいのかしら)

 

カイと怪獣のタネ 1 (リュウコミックス)

カイと怪獣のタネ 1 (リュウコミックス)