紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

『この愛は、異端。 3/森山絵凪/白泉社ヤングアニマルコミックス』感想

『この愛は、異端。 3/森山絵凪/白泉社ヤングアニマルコミックス』

 

 

【あらすじ】
魂を捧げ、人として生きる――。淑乃の決意を前にベリアルに生じた迷い。2人の関係に大きな変化が訪れる。そして明かされる契約の真相。悪魔と少女、儚く美しい異端の愛の行方は…。
白泉社サイトより

【感想】
二人ともよかったね。につきます。
はじめてベリアルの心の内が丁寧に明かされて、淑乃が生まれたときから本当に本当に愛して(その感情にベリアルは気づけていなかったけれど)接していたのだなぁと。
もうこの純愛泣けるレベル。好き。
最初はセクシーな漫画だなぁと思っていましたが、二人の心がピュアフルすぎてそのギャップがまた魅力的でした。
しかし、天使が悪役で、悪魔がいい人という設定がまた面白いなぁと。
第一部完ということで、お疲れ様でした。
第二部も楽しみにしています。