紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

来世は他人がいい1 感想

『来世は他人がいい/小西 明日翔/アフタヌーンKC』の感想を。

 

来世は他人がいい(1) (アフタヌーンKC)

来世は他人がいい(1) (アフタヌーンKC)

 

 

【あらすじ】
極道の家で生まれ育った女子高生、染井吉乃。家庭環境は特殊でも、おとなしく平穏に日々を過ごしてきた。婚約者の深山霧島(みやま・きりしま)と出会うまでは――!デビュー作『春の呪い』で「このマンガがすごい!2017」(オンナ編)2位にランクインした小西明日翔の最新作。はみ出し者たちが織りなす、スリルと笑いが融合した極道エンタメがここに誕生!!
講談社コミックプラスサイトより

【感想】
月に吠えらんねえのためにアフタヌーン定期購読しているんですが、つい先ごろ連載が始まった『来世は他人がいい』。
ものすごくドストライクなヤクザ世界。さらにものすごくドストライクなキャラ設定。
普通の(まあいろいろ語弊があるけれどこの世界では普通です。というか常識人です)吉乃が、親の政略結婚のために出会った深山霧島はいつも恐ろしいほどの笑顔ですが、中身はとことん極道。そして背中に入れ墨まであるし、人を殴る蹴るは平気だし、まぁ、怖い。ものすごく怖い。近所にいてほしくない。
でも、そんな霧島に男気を見せてしまった吉乃はますます惚れられて、そして事件が…! みたいな感じで2巻に続いております。
春の呪い』は結構静かなお話でしたが、今回は結構キャラクターが生き生き動いているので、これはこれでむっちゃタイプです。ありがとうございます。
いやー、すぐコミック化したし、続きはアフタヌーン本紙で楽しめるし、頑張って追いかけていこうと思います。

一押しキャラは吉乃です。本気見せた格好いい女は好物ですよ。はい。