紅宝石少年

ゆきやの読んだ本や行った場所を紹介する気ままブログ。ブログタイトル「紅宝石少年」は、大すきな漫画カストラチュラから。

2019年6月9日の備忘録(キリエ館青月泰山さん演奏会/bullion展示会)

【gratus~すべての縁に感謝をこめて】
アンティークスタジオみのるに贈る別れの調べ

・6月9日(日)
・演奏:左ききのゴーシュ(@seigetusha )
・協賛:キリエ館

13時の回に参加しました。


大好きなキリエ館さん(アンティークスタジオみのるさん)で、
大好きな青月さんの演奏を聞ける至福。
演奏前にいただいた薔薇のソーダ水、
変わりないキリエ館の店主さんと給仕さんの温かいもてなし、
店主RUIさんと青月さんの音楽との出会い、など聞いた後、
演奏会がスタート。
指先の音とか、どこから来て、とか、
私の好きな曲がたくさん目の前で演奏されるので、
うっとりしました。
セロの音はどこまでも優しく、寄り添うように聞こえるので、
最近音に敏感で、音楽を聴くのも少し苦手だったのに、
ちっとも苦痛ではなく、優しく包まれる感じの、
あっという間の時間でした。
曲の合間に挟まれるエピソードたちも、興味深く。
そして、アンティークスタジオみのるさんの成り立ちなどのお話を聞いた後、
最後に、アンコールで「キリエ」という曲を聞きました。
ああ、もう、すごく、全部が好きです。

bullion少年装を身にまとい、お邪魔したことのあるキリエ館で、
大好きな青月泰山さんの演奏が聴ける夢のような時間。
企画を本当にありがとうございました。
体力と相談しながらの、上京でしたが、演奏会に参加できて本当に良かったです。


演奏会後は、bullionさんの展示会にも少しお邪魔しました。
bullion装の少女たちが集って、JIJIさんやAさんセレクトの本を読んだり、この日のために用意されたドリンクを飲んだり、とても可愛らしいアイシングが施された貝殻のクッキーを食べたりしているさまは、眼福としか言いようがない。
bullionさんは今年は復刻シーズンなので、ちょっとお話を聞いていたら、復刻してほしいあるセットが復刻予定とのことで、復刻をとても楽しみにしております。
はい。